calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.06.12 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

2011年9月4日 壬戌 行動範囲で年代をみる

 

 

 

 巷にはいろいろな占いがありますが、生まれ年でみる占いは、ほとんどの人が自分が(十二支の)何年生まれ(今年なら卯年生まれとか)知っているので、広まりやすいのでしょう。

 

 算命学では生年月日の生まれ日の干支が基本でみていきますが、生まれ日の干支(日干支)の影響が50%、生まれ月の干支(月干支)の影響が30%、生まれ年の干支(年干支)の影響が20%といわれます。生まれ年の影響も多少ですが影響します。

 

また現実の行動範囲を円の中の三角形(算命学の宇宙版)で描きますが、この行動の三角形は日干支、月干支、年干支の3点を結んで三角形を作ります。

 

干支は全部で60あり、それぞれに番号(160)がついています。行動の三角形の円は、時計の分と大体同じになっていますので、干支の番号は時計の分と同じように考えるとよいでしょう。

例えば、今日生まれの干支で考えます。

2011年:辛卯=28

9月  :丙申=33

4日  :壬戌=59


 二等辺三角形に近い三角形で、3点が4つに分かれている行動のカテゴリー(守備・伝達・攻撃・習得)の3つのカテゴリーにあり、ある意味でバランスが取れているともえいます。

  4つのカテゴリーは、大きく2つに分けると、A:伝達・攻撃とB:守備・習得に分けられ、Aはどちらかというと行動的に積極的に表に出る質ですし、Bは自分・組織を守る、知識等を習得するということですから表に出るというOUT-PUTな感じではなく、自分に取り入れるIN-PUTな感じです。

 

年・月・日とも60の干支が順番に回って来ます。日はたいだい2か月で60の干支が一回りしますし、月では5年で60ヶ月ですから5年で一回りします。

年は60年掛けて一回りしますので、生まれ年の影響は少ないとはいえ、世代的に守備が強い世代、攻撃が強い世代という色が出てくるでしょう。

 

現在の“若者”をだいたい18歳〜32歳としますと、生まれ年は1979年(己未=56)〜1993年(癸酉=10)になります。

 この現代の若者は以下(図の青の部分)の行動範囲を必ず含んでいることになります。




 行動範囲に守備や習得を多く含む人達が多いということだと思います。草食系といわれるような積極性に欠ける人が多いのもこの辺りの生まれだからでしょうか。

 これは現実に出る行動ですから、精神面の星である陽命式の星で積極的な星(車騎星や龍高星)を持っていても、なかなか行動に出ないというのは、気持ちはいろいろやりたくてウズウズしているのに、実際の行動になかなか出ないタイプの人は、精神面の星と現実の星の乖離があるからでしょう。

 

 また団塊の世代といわれる人達は、1940年(庚辰=17)〜1946年(丙戌=23)の生まれです。行動範囲で言うと以下の赤の部分を含む世代です。

 やはり何かを叫びたい!(表現・伝達したい人が)多い年代なんですね。



スポンサーサイト

  • 2013.06.12 Wednesday
  • -
  • 23:55
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック