calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.06.12 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

2011年5月30日 乙酉 スポーツの天才児「車騎星」の中殺

 

 

 算命学では、「15歳までの環境が無視出来ない」と言われますが、自分の生まれ持った星が、どう生かされるかが、15歳までの育った環境の影響が大きいということです。

 15歳までの育った環境は、親、家族、家系、地域、学校等がありますが、一番の影響は親になるでしょう。

 

 親が自分のやり方を押し付けるのか? あるいは、生まれた子が持つエネルギーをどう理解し、生かそうと思うのか? 「親はなくても子は育つ」と放任主義の親なのか?

 

 もちろん、親がどういう星を持っているかにもよりますが、子供が普通の枠には納まらないエネルギーを持っていたら、どう育てたらいいのか? 強い個性をどう扱ったらいいのか? 考えてしまうこともあるでしょう。

 

 「普通の枠に納まらないエネルギー」とは、例えば宿命の「生年中殺」や「生月中殺」といった星がアンバランスな作用を受けるものがあります。「普通」の枠に納まらない、「普通」の枠を超えるということでもありますから、子供の頃から何か1つのことに集中出来ると、「天才」とも称されるような活躍をすることがあります。

 

 今月19歳になったJリーガーで日本代表候補でもあるガンバ大阪の宇佐美貴史さん(199256日生)は子供の頃から地元では「サッカーの天才少年」と言われる程、早くから頭角を現し、現在は「天才ドリブラー」と呼ばれています。

 

 宇佐美さんは宿命に「生年中殺」を持っていて、アスリートの星である「車騎星」が中殺(アンバランス)されています。

 

北:

貫索星

初年期:〜25

天貴星

西:

牽牛星

中心:

車騎星

東:

車騎星

晩年期:60歳〜

天報星

南:

調舒星

中年期:2560

天馳星

 

 生年中殺では、北の星、東の星、初年期の星の3つが中殺(アンバランス)されます。

 

 積極的な行動力の星、「車騎星」が中殺されると、「『車騎星』が持つ行動力が極端になり、スポーツや冒険などの世界で、超人的な行動力が発揮され、目を見張る活躍が出来るでしょう。」という現象になります。

 

 宇佐美さんは3人兄弟の末っ子で、兄2人がサッカーをやっていた環境に生まれました。その影響で1歳半の時にはサッカーに興味を持つようになったとあります。

 

 普通の枠に納まらない人が人生のすごく早い段階からサッカー一筋でやり続けることで、「天才」と呼ばれるような活躍をしているということは、本当に自分の持っている星を見事に消化していると思います。

 

 大運天中殺が10歳運の宇佐美さんですが、30歳〜49歳は20年間の大運天中殺が回って来ます。特に3039歳の10年は「車騎星」が天中殺です。宇佐美さんは、30代にはさらに大きな活躍が期待出来る、今後とても楽しみな選手です。


スポンサーサイト

  • 2013.06.12 Wednesday
  • -
  • 23:50
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック