calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< November 2014 >>

categories

archives

スポンサーサイト

この広告は45日以上更新がないブログに表示されております。
新しい記事を書くことで広告を消すことができます。
  • 2013.06.12 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

2009年5月7日 「天中殺」が回って来るとき

  

 
 5月の連休の最後は知人の引越しの手伝いで軽井沢に行ってました。「軽井沢に行く」と聞くと「楽しそう!」と思うかもしれませんが、本当に「東京から軽井沢の別荘地への引越しのお手伝い」でした。軍手をはめて荷物運びをし、暗くなると本当に庭は真っ暗ですから、ヘッドライトを付けての作業でした。今度、落ち着いたら、ゆっくり遊びに行きたいです。

 「天中殺」という言葉を聞いたことがあると思いますが、字からしても良い印象ではないですよね。
天中殺」は「時間」があるのに「空間」がないという状態ですから、思うようにならない、いつもと違う判断をする、理不尽なことが起こる等があるので、災難や禍が降りかかってくるのでは?と思っている人もいるでしょう。
 
 若い頃は「天中殺」が回って来ても、若さで気がつかなかったり、たいして大変なことだと思わずに過ごすことが多いと思われますが、中年〜晩年にかけては無視出来ないことが起こることがあります。自分にいつ「天中殺」が回って来るかを知り、「天中殺」の過ごし方がわかれば、エネルギーの空回りを防げたり、最小限にすることが出来たり、あるいは心構えがあるだけでも感じ方は違ってくるのではないでしょうか。

 「天中殺」は、宿命天中殺と関連があります。また「天中殺」のタイミングを知るのは、カレンダーとしての「干支」を知っているとよいでしょう。

 時間を示す「十二支:子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」は、かつては時計代わりに「丑の刻(午前2時)」のように時間を表しただけでなく、「土用の丑の日」や年末に「酉の日が3日ある冬は火事が多い」とか、安産祈願に妊娠5ヶ月目の最初の「戌の日に腹帯を巻く」等、時々十二支の日を目にしたり、耳にすることもあるでしょう。「月」もそうですし、普通に使っているのは「年」ではないでしょうか。
 実際には十二支だけではなく、空間を示す「十干:甲、乙、丙、丁、戊、己、庚、辛、壬、癸」との組み合わせの「干支」が順に回ってきます。
 
 今日2009年5月7日を干支で表すと、己丑(年) 己巳(月) 壬子(日)です。
 
 6つの宿命天中殺で、「天中殺」になるタイミングは次になります。
「子丑天中殺」の人は、「子」と「丑」の年、月、日が天中殺になります。年なら12年で2年間、月では12月のうちの2ヶ月(12月(子の月)と1月(丑の月))で、日は12日で2日間回ってきます。去年、今年が2年間の天中殺で、また今日、明日が日の天中殺です。

「寅卯天中殺」の人は、「寅」と「卯」の年、月、日が天中殺になります。来年(2010年)と再来年(2011年)が年の天中殺、毎年2月(寅の月)と3月(卯の月)が月の天中殺です。「寅の日」と「卯の日」が日の天中殺です。

「辰巳天中殺」の人は、「辰」と「巳」の年(2012年と2013年)、月(4月と5月)、「寅の日」と「卯の日」が天中殺です。先月と今月がつきの天中殺です。

「午未天中殺」の人は、「午」と「未」の年(2014年と2015年)、月(6月と7月)、「午の日」と「未の日」が天中殺です。

「申酉天中殺」の人は、「申」と「酉」の年(2016年と2017年)、月(8月と9月)、「申の日」と「酉の日」が天中殺です。

「戌亥天中殺」の人は、「戌」と「亥」の年(2018年と2019年)、月(10月と11月)、「戌の日」と「亥の日」が天中殺です。

 「天中殺」の過ごし方は、その間はあまり積極的に物事を進めようとせず、基本的に受身で過ごすことです。受身でいて、それでも来た話を受けたら積極的にやって構いません。最初から積極的にやっていくと思わぬ方向に行ってしまう、無駄骨を折る、邪魔が入る等予測不能のことがあるかもしれません。恐れることはありませんが、「大人しくしていよう」くらいの気持ちで過ごされるとよいでしょう。

 「天中殺」でも思いっきりやったら大きな成果が手に入る「運天中殺」というのがありますが、「大運天中殺」については、また改めて説明します。


 


スポンサーサイト

  • 2013.06.12 Wednesday
  • -
  • 22:30
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック