calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.06.12 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

2013年6月5日 壬寅 今日から6月

 


 

 今日から6月(76日まで)です。

 

 宿命天中殺が「午未天中殺」の方は6月&7月が天中殺月になります。

 

 天中殺といっても、人によって現象の出方は様々。それにそれが天中殺?と思えることもあるでしょう。

 “お知らせ”のような、いつもと何か違うということを感じているのでしたら、天中殺に入る前にその違和感に対応しておく、あるいは天中殺に入ったら気を付けるとよいと思います(気を付けるべきかと)。

 

 私の経験で以前にあるパンプスとパンツの組合せで違和感がありました。何故かそのパンプスとあるパンツの組合せの時に、駅の階段を下りる時にパンプスのかかととパンツの裾が引っ掛かるようなことが続けて2回あり、「この組合せは危ない」と感じました。

 それを“お知らせ”として、その組合せを止めておけば良かったのですが、またある日(天中殺月に入っていました)その組合せのことを忘れて、その組合せで出勤しました。会社の階段を下りている時、あと5段というところでパンプスのかかととパンツの裾が引っ掛かり、階段から落ち、すごく痛い思いをしました。(骨折はしませんでしたが、足の一部の筋肉切断があり、スポーツ選手ならスポーツ生命が断たれたとドクターに言われました。スポーツ選手ではないので人生が変わるようなことではありませんでしたが、本当に痛かったです。今でも足のその部分は少し凹んでいます。)

 

 そういうことを天中殺だから起きたことだと解釈するかどうかはその人の考えだと思います。ただ、何か「変だ、危ないかも」という“お知らせ”を感じたら、そのままにしないことでは?と思います。その時は何事もなくても、天中殺の時に「事になる(場合によっては取り返しのつかないことになる)」ことがあるかもしれません。天中殺の時は「事にならないように」注意して過ごすということなのでは、と思います。

 

 私もそのパンプスとパンツの組合せが危ないと感じた時に、その組合せはしない、または天中殺の時は階段を下りる時は注意していつもよりゆっくり下りていれば、痛い思いをせずに(足の一部が凹まずに)済んだと思います。(その後、すぐにそのパンツは捨てました。)

 

 誰にでも1年の間に2ヵ月は月の天中殺が回って来ます。何か必ず起こるということではないですが、その時は、自分を振り返るタイミング、これからの自分のために準備のタイミングとして、行動するより考えるタイミングとして過ごされてはいかがでしょうか。

 

 今月&来月は「午未天中殺」の方がちょっと自分の人生を振り返って、これからをどうするか?を考えてみては?

今後の人生、何を意識して過ごすか?自分のどのアンテナを磨くか?

 

 自分で自分の人生の限界を決めずに、天中殺の時は人のアドバイスも聞いてみる時かもしれません。

 


スポンサーサイト

  • 2013.06.12 Wednesday
  • -
  • 10:00
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2013/06/20 3:25 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック