calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.06.12 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

2013年4月18日 甲寅 ひとり旅が好き、ひとり旅がおススメ




 今日、某FM放送で、春の季節だからか旅を特集した構成になっていました。

 現在、海外を一人で旅する“旅人・エッセイスト”として活躍しているたかのてるこさんのインタビューがありました。聞いていますと「旅に出るまでは自分が受け入れられなかった。旅が人生の師匠。旅での一人で出来る達成感があり、自分を受け入れられるようになった。ひとり旅をおススメする。」と旅に出ること、特にひとり旅を強く薦めている印象でした。

 

 たかのてるこさん(197128日生)の星をみてみます。

 

197128日生の星

北:目上

牽牛星

初年期(〜25歳)

天貴星

西:配偶者

玉堂星

中心:自分自身

禄存星

東:友人・恋人

貫索星

晩年期(60歳〜)

天恍星

南:目下

車騎星

中年期(2560歳)

天禄星

 

 

 旅が好き、特に海外に憧れるというとエトランゼの星である「天恍星」がリンクしますが、たかのさんも「天恍星」をお持ちの方。生まれ故郷を離れる「離郷運」の星「天恍星」は、田舎に生れれば都会に、都会に生れると海外にと、生まれた場所とは違う場所に行く、移りたくなるエネルギーがあります。特に海外への憧れが強く、時間とお金があると海外に行くことを考えているのではないでしょうか。

 

 海外に行く、といっても、言葉がわからず、習慣や食べ物が違うと一人で行くのが怖いと思う人も多いでしょう。一人で行きたい、というのは「天恍星」にも「孤独」という意味(大人は自分のことをわかってくれない、という思春期独特の孤独感)があったり、またたかのさんの宿命天中殺が「戌亥天中殺」です。

 

 「戌亥天中殺」は一人になって自分と向き合う時間が必要なタイプ。神社仏閣を一人で訪ねる人に「戌亥天中殺」の方が多くいます。

 あまり自分を出さない「戌亥天中殺」の人は一人で出掛けることも多く、ひとり旅も苦にならないでしょう。

 

 一人で旅をしている、一人行動をしている人を見て「孤独でかわいそう」と感じる人もいるのも事実ですが、「一人行動が合っている」という人もいますので、「孤独で寂しそう、友達もいなくてかわいそう」と勝手に思わずに、理解してあげて下さいね。

決して友達を拒否しているとか友達がいないというのではなく、友達はいるけれど、たまには一人になって自分と向き合うことが大事なタイプの人たちなのです。一人になって考えて、そこからいろいろ得ていくタイプなのです。

 

 「龍高星」、「車騎星」や「貫索星」も一人の方がいいタイプでもあります。そういう一人の方がいいという星を複数持つ人は、そういう傾向が強く出ます。そういう方が一人で旅をする場合、“寂しいとかかわいそうではなく”その人の成長のために見守っていてあげて下さいね。

 

 たかのさんですが、「貫索星」や「車騎星」もお持ちなので、心から一人で旅をしたいのだと思います。(たかのさんは宿命にアンバランスをお持ちです。このことはまた後日に。)


スポンサーサイト

  • 2013.06.12 Wednesday
  • -
  • 15:30
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
いつも更新を楽しみにしています。
私も算命学を習い始めました
ブログでもお勉強させていただいています。
応援しています。
  • hanabusa
  • 2013/04/23 8:32 PM
hanabusa様
コメント、ありがとうございます。
ブログの更新が遅く…(すみません)
参考になればと思います。
  • 紫玉です
  • 2013/06/04 5:00 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック