calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.06.12 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

2012年10月30日 甲子 人好きが成功の決め手?

 

 

 

 先日某ラジオ番組に()トランジット代表でマーケティングプランナーの中村貞裕氏が出演して、成功の秘訣についてお話をされていました。

 

 中村氏は大学卒業後伊勢丹に入社、バイヤーを経て独立、レストランを手掛けたり各種イベントの企画・運営等現在幅広く活躍中。最近では世界で一番おいしい朝食がうたい文句の「Bill’s」を展開していることでも有名です。

 

 中村氏(1971120日生、41歳)は、ラジオで「人が好き、人とは知り合い以上になりたい、仲間を増やして、仕事に生かせる人脈を作る」ですとか、「自分は好奇心が強い、スーパーミーハー」とも。「人好きが成功の一要素」ということのようです。

 

 中村氏の星をみてみました。

1971120日の星

北:目上

牽牛星

初年期(〜25歳)

天庫星

西:配偶者

牽牛星

中心:自分自身

禄存星

東:友人・恋人

司禄星

晩年期(60歳〜)

天恍星

南:目下

禄存星

中年期(2560歳)

天堂星

 

 適職等の仕事を見る時に、東の星を満足することが現実に満足すること、南の星を満足することが精神的に満足すること、また本質は中心星ですから、この3つの星からみていきます。

 

 中村氏の場合、中心星と南の星が「禄存星」、東の星が「司禄星」ということで、この「禄存星・司禄星」は魅力・引力の星です。人を寄せる、人が集まって来る星です。

 

 中村氏のところに人が集まって来るのも頷けます。人が好きで人が集まって来ることが、自身の精神的にも現実的にも満足することなのではないでしょうか。マネージャー的に人を動かすことが出来れば「禄存星」が生かされるでしょう。

 

 好奇心の強さは「天恍星」から来ているのではないでしょうか。

 

 自分に特徴がないと思えても、人は一人で生きていくわけではないので、人と何かをやることで自分が生かされたり、人の良さを引き出すことで自分の存在価値になることがあります。

 

 ご自身の星をどう生かすか、改めてご自身の星をみてみてはいかがでしょうか。


スポンサーサイト

  • 2013.06.12 Wednesday
  • -
  • 23:45
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック