calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.06.12 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

2012年8月22日 乙卯 行動の三角形が狭い、小さいと…

 

 

 ちょっとしたことでイライラしたり、周囲で起こることが受け入れられず気分を害するタイプの人が周りにもいるのではないかと思います。

 

知り合い等で「怒りの沸点が低い」という人や、常に自分の置かれた環境(人間関係)になかなか馴染まず不満が多い人がいますが、傾向として、行動の三角形が小さい、ですとか三角形が狭いタイプの人に多いのでは?と思います。

 

世の中にはこういう人がいる、そういう考えを持った人がいると考えられず、ましてや自分と違う考えを受け入れることが出来ず、想定外のことが起こるとイライラが募ったり、ストレスが増したりすると、自分にとって良くないですし、周囲に当たって周囲の気分も下げることになりかねません。

 

行動の三角形が狭い人、小さい人は、どうしたらそんなにイライラせずに済むか、ちゃんと考えてみると良いかもしれません。

 

行動の三角形が狭い、小さいから駄目だということではありません。それは特徴であり、スペシャリストとして自分の専門性を生かせると、集中力がありますから、それなりのエキスパートになる可能性があります。

 

例えば現在英国のマンチェスターユナイテッドに移籍し、活躍しているサッカーの香川真司選手(1989317日生)の行動の三角形は以下です。

 

 

 


 「守りの行動のみ」の人、ですが、自分を守る(自分のしたいことを続けることを守る、自分の生活を守る、自分の収入を守る等)、またはチームを守る(チームの栄誉を守る、チームの勝利を守る等)ことに行動が集中し、かなりの結果をすでに出していると思われます。行動の三角形が狭い・小さいからこその専門性だと思います。

 

 行動の三角形が狭い人・小さい人は、自分の専門性を身に付けて、不満の人生にせずに、スペシャリストとしての人生にして欲しいと思います。


スポンサーサイト

  • 2013.06.12 Wednesday
  • -
  • 23:20
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック