calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.06.12 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

2012年1月10日 庚午 「庚」の人はどんなナイフに?

 

 

 今日の生まれの人は(日干支「庚午」)、日干(天性)が「庚」の人です。

 

天性が「庚」は、「鉄(または岩)」に象徴され、特に「庚」は金性から「鉄」等の金属にイメージされることが多いようです。

 

そういうことから天性「庚」の人は、道具としての「ナイフ」とイメージすることがあります。「ナイフ」は生活になくてはならい道具でもあり、使い方によっては凶器になります。

 

生活になくてはならい道具としての「ナイフ(刀)」なら、切れ味が鋭くないと、これほど使えないナイフはありません。切れ味がよくなるように、叩いて叩いて(まさに「鍛錬!」)、さらに叩いておかなくてはなりません。(叩く作業が切れ味をよくするのです。)

 

また「庚」の人は、人からの影響を受けにくく(自分は変わらない頑固なタイプ)、自分の思い通りにしたいと強く望むタイプでもあるので、自身の葛藤や人とぶつかることが多くなるでしょう。人を自分の都合で思い通りにしたいと思っても、なかなかそうはなりませんから、故に「闘い」が多くなります。闘い、叩かれて鍛えられるのが「庚」の人でしょう。現実にぶつかり、叩かれることで切れ味のよい世の中で役に立つ人になるでしょう。

 

思い通りにならないと、凶器に変わることがあります。凶器にならないように、「思い通りにしたい」ことをどうコントロールするのかを覚えていってほしいです。

 

誰もが欲しがる役に立つナイフになってほしいです。


スポンサーサイト

  • 2013.06.12 Wednesday
  • -
  • 01:15
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック