calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.06.12 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

2011年12月28日 丁巳 「灯(丁火)」のイメージ

 

 

 

「光は光の中では見えない。暗闇の中で光は輝く。」

 そんな言葉を某教会の入り口で見かけました。まさに明るい部屋で懐中電灯は使いませんし、昼間は灯台も休んでいるでしょう。この「光」とは「丁(火)」のことだと思いました。

 

 天性の「丁」は、火(性)の陰で、「灯」ということですが、キャンドルの灯、灯台の光がイメージになります。「丙」(陽)は、「太陽」がイメージで、遠くにいて地球全体を明るくする、暖かくするというようなダイナミックな感じです。

 

 「丁」の方は、そばにいると暖かい、安心感がある、秘めた情熱を持っている、灯台の光のように、暗闇で導いてくれるというような感じです。

 

 天性が「丁」の人は、そういう雰囲気が出ていると、イメージが合っているという感じです。また自分の守護神が「丁」なら、そういうイメージを取り入れて欲しいと思います。


スポンサーサイト

  • 2013.06.12 Wednesday
  • -
  • 02:15
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック