calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.06.12 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

2012年9月15日 己卯 人は一人で生きているわけではない

 

 

 

 自分の星だけみて、どうにかしようして、どうにかなるのであればよいでしょうけど、自分の持っている星だけでは難しい場合、回って来る星のエネルギーを使うことで補えるでしょう。

ただ、回って来る星はその時だけ、ということでもあります。

 

 自分にないエネルギーは、持っている人とシェアすることも出来ますから、自分の人生のパートナーや仕事のパートナー、あるいは相談する人がどういう星を持っているかも知っていると、自分にないエネルギーをシェアすることを考えてみてはどうでしょう。

 一方通行ではなく、お互い様ということでもありますから、近しい人の星も知って、お互いが補い合ってシェア出来るといいですね。


2012年9月4日 戊辰 理想の男性は頭のいい人

 

 

 今日のニュースから:先月8月いっぱいで人気アイドルグループ「AKB48」を卒業した前田敦子さんが、新宿の書店で行われた卒業後初となるイベントに登場し、インタビューで恋愛についてきかれると、「してもいんですよね。したいです」と笑顔を見せ、デートでは映画館に行きたいといい、理想の男性については考え込みつつ、「頭のいい人がいいです。映画を理解して、その人なりの意見を話し合える人」と晴れ晴れとした表情で語った。(94日付毎日新聞デジタルより)

 

 前田敦子さんの理想の男性の答えが「頭のいい人」とのこと。前田敦子さん(1991710日生)の星をみてみます。

 

北:目上

貫索星

初年期(〜25歳)

天堂星

西:配偶者()

玉堂星

中心:自分自身

車騎星

東:友人・恋人

車騎星

晩年期(60歳〜)

天極星

南:目下

禄存星

中年期(2560歳)

天堂星

 

 自分自身を中心にして、人間関係をみる場合、それぞれの場所は以下を示します。

北:目上

南:目下

東:友人や恋人

西:配偶者(女性なら「夫」、男性なら「妻」)

 

東と西が同じ星なら付き合っている時と結婚後も変わりませんが、東(恋人)と西(配偶者)の星が異なると結婚後に人が変わるという見方になります。

 

 前田さんもそうですが、ほとんどの人は結婚後に(自分も相手も人間として変わっていないのに、見せる面が違ってくる)変わるタイプになります。

 

 前田さんはどう変わるのでしょうか?

 

 友達や恋人に見せる顔は「車騎星」ですから、体育会系な元気はつらつ、ツーカーなやり取りが出来るノリの良い相手がいいというタイプでしょう。

 

 夫に選ぶなら「玉堂星」タイプを望むでしょう。「玉堂星」は、知性の星であり、習得・学習の星です。知的なことに興味があり、インテリ好みタイプでしょう。

 

 インタビューの「理想の男性は頭のいい人」というのは納得ですね。ただ、理想の恋人ではなく「理想の夫」が頭の良い人なのでしょう。

 

 また前田さんは「天堂星」を2つ持っていますが、女性で「天堂星」を2つ持つと、「家庭に幸せを見出す良妻賢母」タイプです。

 

 本来、前田さんは「良妻賢母」型の人なのですが、1039歳の20年間が大運天中殺ですから、その影響で「本来の自分ではない自分になっている」可能性があります。ある年齢になったら、芸能界ではなく家庭に入ってしまうかもしれませんね。


2012年6月16日 戊申 誰をパートナーにするか

 

 

 

 事業を立ち上げて、失敗してしまう人は「商才がないのにビジネスを始めるからだ」と言われることがあります。

 

 独立開業したいという方も、現在のような時代には多いと思いますが、やはり独立して事業として回していくには、「お金を生かす星(禄存星・司禄星)を持っているか」が1つのポイントになります。

 

 お金を生かす星を持っていないと、お金のことを度外視して物事を進めようとしたり、ケチケチし過ぎてお金を生かして使えないことがあり、事業を回していく時にネックになることがあります。

 

 お金を生かす星を持っていない人が事業をする場合には、パートナー選び(事業のパートナー、共同経営者等)がポイントです。自分にない星を持っているか?です。特にお金を生かす星を持っていない人は相手に持っているか?です。

 

 また何と言ってもバランスが大事ですから、いくらお金を生かす星を持っているとはいえ、複数持つと浪費的になり過ぎる傾向があります。あるいは宿命にアンバランスな質があり、お金を生かす星がその影響でアンバランスになってしまうのも、考え物でもあります。

 

 自分の身の丈に合ったこと(持っている星に無理を掛けない)を考え、一人では無理な場合は、誰意を人生や仕事のパートナーにするか。

 

 パートナー選びは大事です!!


2012年5月30日 辛卯 自分を鍛えるライバル?

 

 

 

 

 今日のニュースに、「新藤兼人さん死去:「人間」を鋭く洞察、 自主独立の映画製作を貫き、100歳で亡くなる直前まで旺盛な創作意欲を持ち続けた映画監督・脚本家の新藤兼人さんが、29日死去した。幾度も苦境を乗り越え、映画芸術を追求した生涯だった。」(毎日新聞)とありました。

 

 100歳の長寿を全うしたこと、また日本最高齢の映画監督として2年前の98歳の時に監督した作品「1枚のハガキ」(昨年公開)が遺作となりましたが、生涯現役で過ごされたことは素晴らしいことだと思います。ご冥福をお祈りいたします。

 

 新藤監督は、脚本家として映画界で活躍し(34歳頃からヒット作を書く)、39歳で念願の監督としてデビュー(愛妻物語)しました。

 

 脚本家として活躍した時は吉村公三郎監督と組み、多くのヒット作と世に出しています。

 

 自分に才能があったとしても、一人の力では大きく羽ばたくことは難しく、誰と知り合うか、誰に見出されるか、誰と一緒に何かをするか、「誰」かとつながることによって世の中に出て行く、思いっ切り能力が引き出され、才能が伸びていくということがあります。

 

 それはその人一人だけの事ではなく、関わる人と共に2人(または複数の関わる人たち)で成長・発展していくことがあります。

 

 この2人の間には、それなりの発展する関係、相性があるでしょう。そういう関係があるからこそ、「1+1=2」ではなく、「1+1=3」や「1+1=5」になるような発展が望めるのだと思います。

 

 例えば、新藤監督ですが、若い頃にシナリオライターとして吉村監督と組んでヒット作を次々と出していったのですが、この2人の相性はどうだったのか? 新藤監督(1912422日生)と吉村監督(191199日生)の相性をみてみました。

 

 相性は、陰命式や宿命天中殺でみていきます。この2人の相性は、「発展」の関係が強く、「情が通じ」る関係もありますので、仕事もしやすかったでしょうし、また「宿命のライバル」という強い関係もあります。

 

 「宿命のライバル」の関係は、お互い切磋琢磨してぶつかり合って鍛え合って成長していく、という優しく馴染むような関係ではなく、「アイツには負けられない」「アイツもなかなかやるな」とお互いが良い刺激となって厳しいけれど成長していく関係です。

 

 夫婦だと厳しい関係ですが、監督と脚本家という立場の関係なら、お互いの成長を促す良い関係になるのではないでしょうか。

 

 またこの2人の宿命天中殺は、新藤監督「戌亥天中殺」と吉村監督「申酉天中殺」で、この関係は、それぞれの世界のカリスマとして君臨する宿命天中殺同士ですから、同じ立場だとぶつかりつぶし合いになる可能性がありますが、立場が違うもの同士なら「大吉」の相性とも言われます。

 

 監督と脚本家という立場・ジャンルが違う2人でしたので、それぞれの世界のトップとして良い仕事を一緒にされたのでしょう。

 

 妥協せず、時に激しくぶつかることもあったと思われますが、宿命のライバルとして、またお互いの立場を認めることによって、「1+1=5」になるような(あるいは10になるような)良い仕事をされてきたのでは、と思います。

 

 「誰と知り合うか」は人生にとって大事なターニングポイントになることがあります。発展性のある人の出会いで、お互いが成長・発展出来るといいですね。


2012年1月23日 癸未 人と運をシェアする

 

 

 

 昨日のブログで取り上げた「住所不定、職業はシンガーソングライター」のエド・シーラン氏は、弱冠20歳ですがすでにデビューまでのエピソードがユニークです。

 

 英国生まれのエドは、11歳でフォークシンガーのダミアン・ライスと出会い、作曲を始め、16歳で上京、ロンドンに。毎晩のようにライブ(2009年には年間312回のライブを行う)を行う生活のため、借りていてたアパートを引き払い、ギター1本とリュックサックを持ってライブハウスや友人・ファンの家で夜を過ごすような生活をする。

 2010年にたった1つのライブの仕事のためにLAへ。単身で渡ったLAで、アカデミー主演男優賞受賞俳優であるジェイミー・フォックスのラジオ番組に出演する。エドの才能を見ぬいたジェイミー・フォックスは、ハリウッドにあるスタジオ付きの住居(才能はあるがお金のない若者のために建てた)を、「自由に使っていい」とエドに申し出た。20111月、各レコード会社の争奪戦の後、メジャー・レーベルのアトランティックと契約。(wikipediaから要約)

 

 11歳の頃から音楽に憑り付かれた感じがしますが、エド・シーラン氏(1991217日生)の大歳運をみてみますと、4歳運の人です。

 さらに423歳までの20年間が大運天中殺です。「陽転」しているのでしょう。自分ではない「何か」が人生をバックアップしているということではないでしょうか。

 

 またLAでのジェイミー・フォックス氏(19671213日生)との出会いは、運命的というのでしょうか、2人の間の相性には「運命の人」ともいえる強く引き合う関係があります。

 そのような相性があると、男女ならまさに「運命の人」のように『一目ぼれ』の間柄だったりしますが、まさに会った時から好印象だったのだと思います。

 そのような関係が2人の間に存在するからこそジェイミー・フォックス氏は、お金はないが才能のある若者のために建てたスタジオ付の住居をエド・シーラン氏にオファーしたのだと思われます。

 

 相性もいろいろな面からみていきます。この2人の間の現実の相性は「ビジネス面では最高のパートナー。親身になって物質的にも精神的にも助けてくれる相手。」というある意味での大吉の相性。

 

 2人の間には上記のようなものすごくポジティブな関係・相性が存在し、故に世界的なヒットが生まれたのだと思います。

 

 人は一人の力では限界があります。誰かと運をシェアすることで、1+1が2ではなく、3にも5にもなっていきます。人生において、誰と出会い、誰と運をシェアするかは重要なことでしょう。

 

 人生や仕事のパートナーは選べるのでしたら、「発展性」のある良い相手を選びたいですよね。

 

 エド・シーラン氏は大運天中殺が陽転し、人生の大きな出会いがあり、それが大きなチャンスとなったのでしょう。

 

 ただ、気になるのが、大運天中殺が23歳で終わるということです。若い頃の大運天中殺が陽転すると「天才」とも言われるような活躍をすることがあります。しかし、それは自分の実力だけでなく、大運天中殺の陽転が味方して、自分の実力以上の活躍となります。

 そのような大運天中殺の陽転のマジックは、大運天中殺が明けると、消えてしまうものです。

 

 その時にどう人生に折り合いを付けてやっていくか、人生が問われるでしょう。

 

 エド・シーラン氏も、23歳〜の人生が厳しくなるかもしれません。一時は厳しくなっても、晩年期に「天将星」を持っていますし、元々が大器晩成の人です。

 大歳運で34歳からの10年間は「守護神」が回って来る大事な10年になりますので、一度人生が落ちることがあっても、また34歳から何をするかで、その後の人生も大きく花を咲かせることが出来るでしょう。


2011年12月20日 己酉 相性の難しさ。。。

 

 

 算命学で相性をみる場合、「空間」と「時間」でみたり、「現実」と「精神」の相性の関係をみたり(更に「結婚縁」や「愛人縁」の関係もあり)と複雑な面があり、この関係だから、良い相性、この縁があるから悪い相性、と単純に答えを出せるものではありません。

 

 お互い都合の良い時に会う「恋愛」の相手か、生活を共にする「結婚」の相手かによっても、相性が異なることがあります。価値観が合わず精神的にはしっくりこないけれど、現実を生きていく上には現実的な条件が大事ということで、現実的にやっていってしまう関係もあります。

 

 実際に恋愛をされている方は、関係の複雑さを一番理解していると思います。「大好きだけど、一緒に暮らす相手ではない」とか、「ドラマチックな感情が動くような関係はないけれど、空気のようななくてならない存在」やら、「愛人の関係の時は良い関係が持て、やっと相手の離婚が成立して結婚したら上手くいかなくなった」と他人にはわからないのが、男女の仲です。

 

 また「時間」の相性、つまり「タイミング」も大事で、どういうタイミングで知り合っているかによって、2人の関係性も異なって来るでしょう。相性は良いのに、結ばれなかったのは、そういうタイミングになかったということもあるでしょう。

 

 

 今日、「宮崎あおい、年内に離婚へ…4年半で終止符」とニュースの見出しがありました。

 

 俳優業が長い2人:すでに大女優の風格がある宮崎あおいさんと今年の7月にツイッターで韓流ブームを批判した俳優の高岡蒼佑氏のカップルですが、10代(高岡氏18歳、宮崎さん15歳)で知り合い7年の交際期間を経て4年前に結婚しましたが、見出し通り年内に離婚となったようです。

 

 宮崎あおいさん(19851130日生)と高岡蒼甫氏(198228日生)の関係をみてみます。

 

 2人の間にある関係としては、「運命の人!」というようなドラマチックな関係はありませんが、お互い影響し合い馴染みやすく(情が湧く)、発展性もある関係です。

 

 結婚の相手としてどちらかというと「良い相性」になるでしょう。(ドラマチックな「運命の人」という関係があることがよい関係にはなりません。)

 

 ただ、2人の行動範囲(現実面での価値観)は以下になります。

 

 

 高岡氏の行動範囲は一本線の人です。裏のない真っ直ぐな感じが今年の韓国ドラマの批判に出たのではないでしょうか。

 

 行動範囲に合わさった部分がないと、「最初は良くてもいずれ違和感を生じる」ということになります。

 

 タイミングをみた時に、先ず、大まかな10年毎の大歳運をみると。。。

高岡氏(29歳)は「9歳運」の人ですから、二旬(1928歳)、そして今年からの三旬(2938歳)と大歳運が大きく変化しています。特に二旬目は、「家庭・恋愛面」と「社会・仕事面」に「整理運」が回って来ています。

 

 これは二旬目の間に自分を取り巻く環境ががらりと変わるということでもあります。つまり(二旬目の最初)の19歳の時と28歳の時の人間関係がすっかり入れ替わっているというような感じでしょうか。

入れ替わるのが10年の間のいつか?は、自分や相手の年運をみたりしてタイミングをみます。

 今年(2011年)、宮崎さんの家庭面に「整理運」が回って来ていましたので、離婚のタイミングになったのでしょう。

 

 そういうことで、縁があったので結婚した関係でしたが、同時に(時間と共に)段々と違和感が生じて来る関係もあり、違和感が出て来たところに「整理運」のタイミングで、関係が解消になったということでしょうか。

 

 先日、「自分を知ってコントロールすることで開運する」と書きましたが、そういう持っている質や回って来る運気に流されるのか…

あるいは質や運気を知ってコントロールすることも出来るでしょう。合わない質があるとしたら、「努力して補う」ということも出来るでしょうし、「整理運」の運気等が回って来ても、流されずに冷静に判断することも出来るでしょう。

 

流されずに努力するのか?あるいは、判断して行動を起こすなら「タイミング」がポイントになるでしょう。自分あるいは自分たちの生き方の問題になると思われます。


2011年2月9日 乙未 「パートナー探しのレッスン 7」

 


 パートナー探しのレッスン 7:相剋のクセとは?

「パートナーをなかなか見つけにくいタイプ」

 

 先月末からパートナー探しのレッスンということで、自分の持っている星の並びで自分の人間関係、対人関係のクセ、特に人生のパートナーとの関係のクセを取り上げています。

 

 結婚はしたいけど、なかなかパートナーを見つけにくい星の並びもあります。そういう星の並びを持っているからといって、結婚が出来ないということではありません。自分で結婚を難しくしている、そういうクセがあるということです。

 

 どういう星の並びか? 例を上げてみます。

 平成生まれのグラビアアイドル、南明奈さん(1989515日生)の星の並びをみてみます。

 

北(目上):

禄存星(土)

天恍星

西(配偶者):

石門星(木)

中心:

牽牛星(金)

東(恋人):

牽牛星(金)

天極星

南(目下):

禄存星(土)

天恍星

 

 南明奈さんの5つの主星をみてみますと、西の星「石門星(木)」と、他の4つの星(主星(金)、北(土)、南(土)、東(金))との関係が全て相剋になっています。

 

 西(配偶者)の星の「木性」と中心と東が「金性」で「金剋木」の関係ですし、また、北と南が「土性」で「木剋土」の関係です。西の星が他の4つと「相剋」の関係にあると、結婚したいとは思っても、恋人は出来ても、なかなか結婚に駒を進めようとしない作用(クセ)が自分の中で働く傾向があります。

 

 南さんのような星の並びを持つ人は、タイミングを使う(自分の星が回るタイミングにアクションを起す)ことで、結婚に真直ぐ向かえるようになるでしょう。

 

 算命学では、自分にない星は、回って来た時(大歳運、年運、また月運でも)に活用することが大事です。


2011年2月2日 戊子 パートナー探しのレッスン 6


 

 パートナー探しのレッスン 6:相剋のクセとは?

「自分勝手なネガティブな妄想」(その3)

 

 先月からパートナー探しのレッスンとして、相手に関係なく自分の人間関係のクセを知るヒントが星の並びにあるということで取り上げてきました。

 

 特に星の並びが「相剋」の関係にあると、自分の中で関係をスムーズにいかせないクセを持つことになります。(「相剋」の関係については、129日のブログを参照下さい。)

 

 自分の持っている星でパートナーを探す、あるいは、パートナーと上手くやっていくコツがわかるでしょう。ただ、自分の持っている星でパートナー(恋人・配偶者)との関係がスムーズにいかないパターンがあります。

 

 最近、離婚報告をした女優の沢尻エリカさん(198648日生)の星を例にみてみます。

 

北:

禄存星(土)

天胡星

西(配偶者):

牽牛星(金)

中心:

調舒星(火)

東(恋人):

車騎星(金)

天報星

南:

貫索星(木)

天胡星

 

 沢尻さんの場合、東(恋人)と西(配偶者)にある星が「金行」の「車騎星」と「牽牛星」で、中心は「火行」の「調舒星」です。まさに「火剋金」の関係です。このような自分自身である中心星との関係が剋する関係にあると、恋人との関係も配偶者との関係も、自分で相手の言動で相手を疑ったり、イライラすることがあったり、素直に受け入れなかったりとスムーズな関係が築けず、不満が多くなり、関係を壊すクセがあります。なかなか一人の相手との関係を持続させるのは難しいところがあるかもしれません。

 

 このような星の並びを持っていますと、パートナーと上手くやっていくには、相手の距離感がポイントになります。

 

 ただ、女性で中心に「調舒星」を持っている方は、星の並びの前に、普通の結婚生活が厳しい傾向があります。自分の世界を確立させて生きていくことが大事ですし、その世界を丸ごと受け入れてくれる相手をパートナーに出来るとスムーズな結婚生活が送れるでしょう。

 

 「調舒星」は、束縛されたくないけれど、寂しがり屋です。寂しがり屋ということで人生のパートナーを求めるところがありますが、依存的にならずに、先ず自分の世界を作ると良いでしょう。その世界に理解を寄せる人と出会えるといいですね。


2011年1月31日 丙戌 「パートナー探しのレッスン 5」

 

 

 パートナー探しのレッスン 5:相剋のクセとは?

「自分勝手なネガティブな妄想」(その2)

 

 自分自身の星の並び、特に中心にある自分自身の星と東にある恋人の星、または西にある配偶者の星との関係が相手に関係なく、自分自身の相手との関係のクセになります。

 特に中心との星との関係が「剋する」関係にあると、関係を破壊する、スムーズにいかない、不満が多い関係となります。そういうクセがあることを知って、どうするかを考えると良いでしょう。自分自身のクセに流されていると、せっかく良い相性(発展していく関係)の人と巡り会っても自分で相手との関係を壊しかねません。まして相手に関係なく自分自身の問題ですので、自分を知ることは大事でしょう。自分で自分の幸せを壊さないように。。。

 

 特に自分を知った方が良いと思われる星の並びを例に上げてみます。

癒し系のグラビアアイドル、安めぐみさん(19811222日生)です。彼女の星は以下です。

 

北:

牽牛星(金)

天報星

西(配偶者):

禄存星(土)

中心:

玉堂星(水)

東(恋人):

牽牛星(金)

天印星

南:

車騎星(金)

天恍星

 

 安さんの星をみると、本当に男性を惹き寄せる星を持っていますね。女性で「車騎星」と「牽牛星」の組合せは「官殺混雑」と言い、異性を寄せ(もてるので男性関係が乱れることも)、異性に親切な「禄存星」、色気の星である「天恍星」やアイドル星の「天印星」と星だけみると、本当に男性に人気があるのは納得します。(実際の安さんは、宿命にアンバランスな質を持っていますので、見た目よりはずっと純粋だと思われます。)

 

さて、安さんのような星の並びですが、恋人との関係は「玉堂星(水)」と「牽牛星(金)」ですから、「金生水」で「生じる=助ける」関係ですから疑うことがなくスムーズな関係です。ところが、結婚すると今度は「玉堂星(水)」と「禄存星(土)」の関係は「土剋水」と剋する関係になります。今までは同じことがあっても問題がなかったのに、結婚後は今まで疑いもしなかったことを疑うようになったりして、自分で辛くなってしまうクセがあります。こういう星の並びは、恋人からなかなか結婚に至らないところがあります。恋人が結婚をちらつかせるようになると億劫になって、関係を清算してしまうことも。

 

 結婚しても常に配偶者に対して、ネガティブな目を向ける傾向があります。自分で自分の勝手なネガティブな想像で結婚を清算しない様にして欲しいです。このような星の並びの場合は、恋人の立場の人とは上手く関係を持てるのですから、配偶者をいつまでも「恋人」と思えるといいのですけど。。。


 あるいは、結婚しても配偶者との距離感が大事だと思います。専業主婦というより仕事を持ったり、仕事でなくても、社会的な活動(趣味の習い事でも)をする、または子供を育てることも社会的なことになりますので、そのような距離感があると良いでしょう。


2011年1月30日 乙酉 「パートナー探しのレッスン 4」

 

 

 パートナー探しのレッスン 4:相剋のクセとは?

「自分勝手なネガティブな妄想」(その1)

 

 昨日のブログで、自分の星の並びで特に「相剋」の関係にあると、「クセ」になると書きました。

 

 特に五行の相生相剋でも、相剋の関係が性格のクセになります。五行の相剋の関係は以下です。

「木剋土」「土剋水」「水剋火」「火剋金」「金剋木」

 

人気女優の北川景子さん(1986822日生)の星を例にしてみます。

 

北:

龍高星(水)

天貴星

西(配偶者):

貫索星(月)

中心:

鳳閣星(火)

東(恋人):

龍高星(水)

天庫星

南:

龍高星(水)

天胡星

 

 北川さんの場合、恋人との関係は、自分自身(鳳閣星)からみて恋人は「龍高星」となり、これは「水剋火」の剋する関係になります。

これは、「火」である自分自身を「水」の恋人が、まるで水で火を消すように、自分自身を邪魔するようなネガティブな感覚を持ちます。恋人の言動を自分にとってネガティブに捉える傾向があります。

実際の恋人の性格・人柄に関係なく、また相手が変わっても、これは自分のクセとして持っているものです。つまり恋人に対し自分勝手なネガティブな妄想を持つクセがあります。 

 

恋人が待ち合わせに遅れてきた言い訳、恋人が一緒にいる時に携帯をチェックする、仕事が忙しい彼からなかなか連絡がない等々の相手に言動を素直に聞かず、ネガティブに捉えるのです。相手に確認しても相手の言うことを信じなかったり、あるいは、相手に確認せず、裏も取らず、勝手に自分の想像で悪い方に考えてしまうクセです。それで自分を苦しめて、自分自身がそれに耐えられなくなり、相手のとの付き合いを壊してしまうのです。

 

 北川さんのような自分自身と恋人の関係が「剋する」関係にあると、そういうことからなかなか自分で恋人が作れないタイプとなります。自分でネガティブに思うことが面倒臭くなって恋人が欲しいと思ってもなかなか作ろうとしないのでは?

 

 しかし、北川さんのような星の並びですと、恋人に対してそういうネガティブな感覚を持っても結婚すると、今度は配偶者は「貫索星(木)」ですから自分自身の「鳳閣星(火)」との関係は「木生火」とスムーズな関係になります。結婚前には疑っていたのが、同じことが結婚後に起きてもそのことを疑わなくなります。

 

 算命学では、恋人との関係と配偶者の関係は星の並びでみますから、自分のクセを知って、何を気を付けるかを自分で理解すると良いでしょう。自分を知ることは、自分をコントロールすることでもありますから。

 

 北川さんのような星の並びの方は、結婚後はスムーズなので、いつまでも恋人の関係でグズグズするより、相性をみて、あるいは、自分にとって相手に求めるもの(条件)がある程度揃っているなら、タイミングをみて、先の段階に進めることが大事なのでは?と思います。


| 1/2PAGES | >>