calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.06.12 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

2010年9月18日 辛未 楽しいことが一番!の「鳳閣星」

 

 

 今日のTBS系番組「チューボーですよ」の未来の巨匠コーナーで紹介されていた中華料理店見習いの男性は、1987524日生まれでした。ついついテレビ・雑誌等で生年月日が出ていると星をチェックしたくなります。

 

 「1987524日生」君の陽命式の星は以下です。

 

(北) 禄存星

天貴星

(西)龍高星

(中心)司禄星

(東)鳳閣星

天胡星

(南) 鳳閣星

天報星

 

 仕事をみる時に、東の星(現実に満足する仕事)と南の星(精神的に満足する仕事)をチェックしますが、この2つの星が食禄の星の「鳳閣星」ですから、「食の道」に進むのも合っているでしょう。

 

 この生まれの人は、「鳳閣星」「龍高星」「天胡星」の組合せを持ちますから、これは「天性のアーティスト」の才能があるとも。料理をアートと考えているのか?食の世界とは別に何か音楽とかダンスとかの趣味の世界を持っているのでは?とも思います。

 

 1つの星にも複数の意味や作用がありますので、その内のどれを生かすかは、自分の生まれ育った環境や現在の環境にもよるでしょう。

 

 「鳳閣星」をみても、「表現・伝達」の星ですが、「食禄」、「健康」、「遊び・趣味」という意味もあります。
「鳳閣星」のエネルギーを…
・「表現・伝達」のメインである「報道・マスコミ」または「芸術」系に使うのか、
・「食禄」の星として食べること、飲食、食に関することに使うのか、
・「健康」ではスポーツ等で消化するのか、
・「遊び・趣味」として娯楽系、観光・旅行等に使うのか、
と分かれますが、どの分野に進んでも、「鳳閣星」の中心にあるのは「遊び心、人を喜ばす」ことでしょう。

 

 今回の未来の巨匠君には、修行は辛くても、行く行くは人を喜ばすような美味しい料理を提供出来る人になって欲しいと思います。またそれが出来る人でしょう。

 



2010年8月1日 癸未 中年期の星でみる適職


 

 

 昨夜は隅田川花火でした。隅田川からちょっと離れた別の川の河川敷で隅田川花火を見ました。昨夜の東京は花火日和でした。天気が良く、適度に風があったので、煙が風で流された後に次の花火が打ち上げられて… きれいに花火が見え、夏の夜の一コマでした。


 
7月の終わりは「適職」を取り上げました。東にある星が「現実に満足する」、南にある星が「精神的に満足する」ので、東の星と南の星の両方を満足することが自分にとっての適職となります。

 

また、参考までに「中年期(2560歳)の星」も適職の参考にしていただければ、と思います。

「中年期」の星は、従星で、人間の一生(胎児〜死んであの世まで)を12の時代ごとに分けています。それぞれの時代の特徴がありますので、それを生かす仕事も自分に合っている仕事として参考になると思います。(仕事を絞っていく時の参考にしてみては?)


・「天報星」:多芸多才の星でもあり、故に的を絞らないと器用貧乏で終ってしまう可能性あり


・「天印星」:子供を対象とするような仕事


・「天貴星」:教育やファッションに関すること


・「天恍星」:芸能や華やかさがある仕事


・「天南星」:マスコミ関係や企画等の仕事


・「天禄星」:健康・医療関係、化学に関するスペシャリスト


・「天将星」:政治家や実業家、自営業、フリーランス等


・「天堂星」:老人に関すること、福祉・介護等の仕事


・「天胡星」:音楽(芸術)に関すること(「音」から語学系)、健康・癒し系の仕事


・「天極星」:手先の器用さを生かした仕事、精神世界や神秘的なことに関すること


・「天庫星」:伝統的、歴史的なものに接する仕事(アンティークを扱う、歴史・考古学に関すること、華道・茶道等伝統的な世界)


・「天馳星」:多忙の星(時間に追われることや忙しいことがこなせる)で、身体を使うことが向いている(テレビ等のマスコミ、スポーツ系、営業職等)


 
 

例えば、今日の生まれの適職を考えてみますと…

201081日生まれの陽命式は以下です。

 

北:玉堂星

初年期:天恍星

西:車騎星

中心:車騎星

東:調舒星

晩年期:天庫星

南:貫索星

中年期:天庫星

 

先ず、東と南にある星が基本です。

現実に満足する東の星:「調舒星」(自己表現の世界で、束縛が少なく、個性が発揮出来ること)

精神的に満足する南の星:「貫索星」(単独で出来ること、伝統を守ること)

 

,ら具体的には、芸術・表現者系(作家、音楽家、作曲・作詞家、歌手、エッセイスト、フォトグラファー、タレント、編集者、ライター、イラストレーター等)美の表現者(美容師、メークアップアーティスト等)、学者・技術者系、精神世界系(セラピスト、カウンセラー、占い師等)があり、そのことが△里茲Δ法単独で出来たり、伝統を守ることが内容にあると、現実的にも精神的にも満足するでしょう。


 さらにもっと絞っていくと、以下を加味するとよいでしょう。

中心にある星:「車騎星」(スポーツ等肉体を使う、積極的に打って出る)

中年期の星:「天庫星」(福祉・介護、老人に関すること)

 

以上考えると… フリーのライターで、テーマは健康(あるいは福祉や介護)、そしてあちこち取材して回って、自分の意見を含めて表現出来る文章を書く、人を癒すような音楽活動(現場を回る)をしていく、一人でコツコツとやる研究・技術職でも福祉・介護に関することを扱う、また美容師でも、通常の美容師の仕事の他に、時々老人介護施設を回って、そこに入所している人のヘアーもケアすることが出来ると、自分の持っている星が満足するのでは?と思われます。

 

ここ数日、取り上げた適職ですが、とりあえず、自分に合っている仕事として参考にしていただければと思います。それを実際の収入と結び付けるには、その仕事で時代が求めるものを生み出せるかという工夫が大事になるでしょう。


2010年7月31日 壬午 精神的に満足する適職の世界(続き)

 

 

 カレンダー的には今日が7月の末日ですが、算命学で使用する干支歴では7月は、あと1週間ほど。86日(金)まであります。

 

 今更ですが、112ヶ月、時間の流れであるそれぞれの月も十二支で表しますが、その月の始まりは、月によって3〜9日位(また年によって節入りがズレることがあります)翌月にズレ込みます。

 「子」月は12月、「丑」月は1月〜、「未」月は7月、「申」月は8月〜なります。6月(「午」月)・7月(「未」月)の2ヶ月は、宿命天中殺が「午未天中殺」の人は、月の天中殺でしたが、87日からの2ヶ月、8月(「申」月)・9月(「酉」月)は「申酉天中殺」に人が月の天中殺に入ります。もちろん、ちっきり87日から変わるわけではなく、多少ズレ込みます。1週間くらい早く運気の流れが変わる人もいますし、8月中旬くらいから流れが変化する人もいるでしょう。

 「申酉天中殺」に人は、そろそろ自分の流れを変えて、とりあえず2ヶ月は「受身」で過ごされてみてはいかがでしょう? 10月の秋から何か始めたいということであれば、この2ヶ月は準備として過ごして欲しいです。

 

 さて、昨日の「適職」の続きです。

 自分にとっての適職とは、陽命式の 崚譴寮韻鯔足するものが現実的に満足する」、また◆崙遒寮韻鯔足するものが精神的に満足する」ので、‥譴寮韻鉢南の星の両方を満足するもの(仕事)が適職と考えます。昨日は、南の星(精神的な満足)、「貫索星」〜「司禄星」まで6つの星を取り上げました。今日は残りの4つの星です。

 

,慮充妥な満足は、現実の職業(具体的な職)であり、△寮鎖静な満足とは、,慮充造凌Χ箸髻◆屬匹里茲Δ覆笋衒でやることが望ましいのか」を教えてくれるヒントになります。

 

南の星が、

●「車騎星」の人:

 「肉体を動かす」ことが基本の星ですから、肉体を動かすスポーツに関することが精神的にも満足するタイプです。警察・自衛官関係・肉体労働等に関する仕事も含みます。

 

●「牽牛星」の人:

 「文官・役人の星」の「牽牛星」ですから、官僚、公務員等の仕事、国家(だけでなく公の機関・組織等)の資格や免許があって出来る仕事(弁護士等)の世界にいることも精神的に満足するでしょう。

 

●「龍高星」の人:

 創造と破壊の星で、海外との縁のある「龍高星」が精神的に満足する世界は、芸術関係では、画家や画商等の世界や、大勢で一つの作品を作り上げる映画・芝居の世界も向いているでしょう。貿易、旅行・探検家、外交官等海外に縁のあることも向いています。破壊ということではビル等の解体業関係も向いた仕事になります。解体ということでは、医者なら外科の世界です。

 

●「玉堂星」の人:

 物事の習得、古典の世界、母親(人を躾ける・教育する)に関することが向いている「玉堂星」は、古典芸能・作家等の芸術関係の世界や、企画プランナー、コンサルティング的な仕事、保育園や教育関係の世界に属すること、関する仕事をすることが精神的に満足するでしょう。

 

 ここ数日、現実、精神的に満足する適職について、星ごとに取り上げてきました。その両方を満足させることが自分の適職なりますが、その星の本質が重要になります。例えば「音楽」といっても音楽家(演奏家・作曲家等)は「鳳閣星」で、歌手なら「調舒星」が向いています。荷物を運ぶトラックや貨物機なら、トラックや飛行機を設計するのは「玉堂星」、実際にトラックや飛行機を動かす運転手、パイロットは「龍高星」、荷物の積み下ろしの作業するのは「車騎星」が向いているとみます。

 

 また、東の星が「現実的に満足する」、南の星が「精神的に満足する」ことですが、自分自身の本質である「中心星」の質も考えたり、仕事をする年代は「中年期(2560歳)」ですから、中年期の星も加味して、自分の適職を考えてみて下さい。中年期の仕事のポイントは明日、取り上げます。

 

仕事をするというのは現実のことです。実生活では「東の星」がポイントになるでしょう。どちらかというと「南の星」は、「自分の夢」かもしれないですね。


2010年7月30日 辛巳 南にある星で精神的満足を知る 

 

 

 

 ここ数日、「適職」ということで、算命学での適職はどうみるか? 自分の陽命式のどの星をみるかを取り上げています。

自分にとっての適職とは、陽命式の 崚譴寮韻鯔足するものが現実的に満足する」、また◆崙遒寮韻鯔足するものが精神的に満足する」ので、‥譴寮韻鉢南の星の両方を満足するもの(仕事)が適職と考えます。

すでに‥譴寮院文充妥な満足)は一昨日、昨日と2日間で取り上げ、東にある星によって、その星に向いている・相応しい仕事を書きました。

 

 今日からは南の星(精神的な満足)を取り上げます。,慮充妥な満足は、現実の職業(具体的な職)であり、△寮鎖静な満足とは、,慮充造凌Χ箸髻◆屬匹里茲Δ覆笋衒でやることが望ましいのか」を教えてくれるヒントになります。

 

「南」にある星が、

「貫索星」の人:

 「(続いているもの・伝統を)守る」ことが本質なので、単独で出来ること、独立してやれることが向いています。(伝統等何かを)守ることで、自分だけでやれることが精神的に満足するでしょう。起業する、商売を始める、または職人的な修業に励むことも「貫索星」の世界です。修業には宗教的な意味もありますが、修業僧・修業者は「貫索星」、修業して人に説教することは「石門星」の世界になります。

 

●「石門星」の人:

 政治家・宗教家が向いている世界ですが、「人との絡み合い」が基本となるでしょう。また個人の世界ではなく、共同、団体等多くの人を相手にすることが向いています。仲介・コーディネーター等、大勢の人を相手に人をまとめることが出来る、そういう立場にいることが精神的に満足するでしょう。

 

●「鳳閣星」の人:

 人が楽しむ、遊ぶという世界にいること、接していることが精神的に満足するでしょう。食品・飲食・料理・健康・サービス業・観光事業・マスコミ(報道:見たままに伝える)・芸能等の世界にいる、そういう世界と接していることが向いているでしょう。芸能とは、例えば三味線をお座敷で弾くことです。劇場で大衆前で弾くことは芸術になります。南の「鳳閣星」は、「遊びの手助け」がポイントです。

 

●「調舒星」の人:

 表現・伝達の星「調舒星」は、見たものを美化して伝える質があります。(そこが見たままに伝える「鳳閣星」との違いです。)何でも美化するということから、芸術性の高い世界、マスコミ(新聞、テレビ、雑誌等でも想像性を生かして美化させること求められる分野、コマーシャル的でもある)に適性があります。古典芸術の世界では礼儀礼節が必要で、そこに美化が加わることから、それが求められる分野は「調舒星」が満足する世界になります。

 

●「禄存星」の人:

 一人でも多くの人を助けていく、「人助け」が基本になります。金融・医療・美容(理容)・ボランティア等の世界に属する、あるいは関係の深い世界にいることが精神的に満足するでしょう。個人的な宗教活動等も含まれます。

 

●「司禄星」の人:

 生活に関すること、自然を相手にすることが向いています。生活に密着したものを作る職人や、日常に必要な食品を扱う商売(八百屋、魚屋等生鮮食品店であり、飲食業等日常というより生活の楽しみに含まれることは「鳳閣星」の世界です)、農業、酪農、牧場経営も向いている世界です、

 

 残りの4つの星については、明日に!


2010年7月29日 庚辰 現実的に満足する仕事の続き

 


 

 今日の東京は久々の恵の雨でした。地域によっては豪雨で大変な思いをされている方もいるようで、自然もなかなか中庸、丁度良いということがないのですね。

 

 さて、昨日のブログの続きです。「適職」について、です。

自分にとっての適職とは、陽命式の 崚譴寮韻鯔足するものが現実的に満足する」、また◆崙遒寮韻鯔足するものが精神的に満足する」ので、‥譴寮韻鉢南の星の両方を満足するもの(仕事)が適職ということで、先ず、,慮充妥に満足する、「東」の星を取り上げ、「貫索星」、「石門星」、「鳳閣星」、「調舒星」、「禄存星」、「司禄星」について、昨日書きました。

今日はその残りの4つの星についてです。

 

東にある星が、

●「車騎星」の人:

「攻撃:力での攻撃」が本質で、常に「動」が基本の人でもあります。「動」に「攻撃性」があることが現実に満足するタイプです。身体を張った仕事が向いているでしょう。

・スポーツ選手・武道家

・トレーナー・インストラクター等スポーツに関する仕事

・自衛官・警察官・ガードマン等

・外回りの営業職、現場を歩いて回るようなガイド等

・農業・狩猟等(養殖等は「育てる」方になる)

 

●「牽牛星」の人:

「攻撃:頭脳を使った理知的な攻撃」が本質で、「静」的な攻撃タイプです。また、「軍人の星:車騎星」と異なり、「牽牛星」は「文官の星」ともいわれ、官僚等役所や大組織や教育等背景に権力がある仕事が向いているでしょう。

・役人、大会社等の組織の中の仕事

・官僚・教育者

・秘書、アシスタント等補佐役

 

●「龍高星」の人:

「習得:体験的知性」が本質で、実際に自分が動き、体験することで習得していくタイプです。動的な経験、体験したことから新しいものを生み出すエネルギーの人です。革命家の星ともいわれる「龍高星」を東に持つと、異国に行きたくなったり、放浪したりしたくなる人で、その適職は以下です。

・交通に関する仕事

・芸術家・デザイナー等「美」に関する仕事

・「数学・理学」や、「考古学、歴史等古いもの」を研究・探求する仕事

・人や動物を育てる仕事

・企画開発のような新しい考えを有形化する仕事

 

●「玉堂星」の人:

「習得:純粋な知性」が本質で、諸々のことから多くを習得することであり、学問的な要素になります。美意識もありますが、それを現実で見出すのではなく、精神・想念の世界で花を咲かせようとするエネルギーがあります。適職としては以下になります。

・教育関係

・アドバイザー・コンサルタント等(他人の発想の根源をもたらす仕事)

・学問・研究全般

・伝統を受継ぐ仕事

・古典的な創造性が元になる仕事(華道・茶道・書道・日本舞踊等)

 

 昨日、本日と取り上げましたのは、現実的に満足する仕事ということで、参考にしていただければと思います。特に自分の東にある星が「車騎星」なら、「車騎星」の項目にあるキーワードで、ピンと来るものがありましたら、それを拡大解釈してみて下さい。

 

 また、自分の東の星だけでなく、自分の本質である中心の星の質も加味するとよいかもしれません。

 

 例えば… 先頃社民党を離党表明して話題になった辻元清美議員(1960428日生)の星をみてみますと。。。


北:祿存星

初年期:天報星

西:鳳閣星

中心:鳳閣星

東:牽牛星

晩年期:天庫星

南:祿存星

中年期:天南星

 

 現実を満足させる「東」にあるのが「牽牛星」ですから、大きな組織・権力をバックに頭を使って攻撃していくことが出来る仕事が向いている、ということです。(野党の社民党より、与党の民主党をバックにした方が本人は満足?)

 ついで、本質の中心星の「鳳閣星」を加味するとは、「鳳閣星」は報道(伝達)、現状を正しく伝えることで星が持つネルギーを消化することならば、今、何が起こっているかを現実にマスコミに訴えることが満足することでもあります。(特に辻元議員の場合、「北」に「禄存星」があり、「北の禄存星」は目立ちたがり屋ということでもありますが)広告塔のようにマスコミに出て、伝えていくことも合っています。故に権力をバックした組織や大会社のPR担当のような仕事が向いているという感じでしょうか。


 (ただ辻元議員の場合、組織の中にいて、なんとなく一匹狼的な存在を感じるのは宿命に「単独行動が得意」があるからでしょう。辻元議員は他にも「人の運を喰う」強い宿命を持っており、また近い内にそのような宿命についても取り上げたいと思います。)
 

 以上が現実的に満足する仕事です。そのやり方として、それにさらに「南の星」を満足させることが精神的に満足するとことになります。「南の星」については、また明日に!


2010年7月28日 己卯 現実的に満足する仕事は?

 

 

ここ数日、暑い暑い…と言っているうちにこの夏の土用の丑の日も過ぎてしまいました。。。今年の夏の土用の丑の日は、一昨日、726日(丁丑)でした。今更ながら、皆様、鰻を食べてこの猛暑を乗り切る栄養をつけましたでしょうか?

 

一昨日のブログの続きです。「適職」についてです。

自分にとっての適職とは、陽命式の 崚譴寮韻鯔足するものが現実的に満足する」、また◆崙遒寮韻鯔足するものが精神的に満足する」ので、‥譴寮韻鉢南の星の両方を満足するもの(仕事)が適職ということでした。

 

 最初に 峺充妥に満足する(収入や地位等)」東の星を取り上げてみます。自分の東にある星から、自分に適している職業の参考としてみて下さい。

 

東にある星が、

●「貫索星」の人:

 「(個人で)守る」が本質の「貫索星」にとって、「守る」行為が主体となる仕事、マイペースで出来ることや自分が動くより、相手が来るのを待つ仕事が向いています。

・人の命を守る、医者系

・社会の安全を守る、警備・保険系

・古美術等を守る業務

・フリーランス、自由業

 

●「石門星」の人:

「(集団で)守る」ことを本質とするので、グループをまとめる、組織作り等が向いています。

・政治力を発揮出来る仕事

・組合活動等集団で守る仕事

・大衆の心を和合させる宗教家

・異なった国との社交を目的とする外交官

・異なった業種を結び付ける商社系

 

●「鳳閣星」の人:

「大衆への伝達」が本質で、現実の中で中庸が望まれる職種が適しています。中庸=偏らないこと、正確さを求められる仕事や、「食禄」の意味を持つので、「食禄」に関する仕事も向いています。

・報道、解説、レポーター等マスコミの仕事

・正確に商品を伝える広告業

・会社等の現状を正確に伝える税理士・会計士等

・飲食業

・ホテル・観光に関する仕事

 

●「調舒星」の人:

「自分の考え・主張を伝達」することが本質です。大事なことは自分自身、個人の意思、思考を主張する仕事が向いています。

・芸能(歌手、俳優等)で個性を伝える仕事

・作品(小説、エッセイ、イラスト等)を通して自己主張する仕事

・自己の考えを伝達、または教授する仕事(学者、技術者、セラピスト、カウンセラー、占い師等)

・伝達の手段に関係する仕事(編集者、プロデューサー等)

・音(音楽)に関する仕事(音楽家、音響技術者等)

 

●「禄存星」の人:

「引力、回転・循環」が本質で、愛情奉仕に関すること、または「回転財」でもある財力に関する仕事が向いています。

・ボランティア的奉仕の仕事

・医療全般(医療、薬学、保険業務等)

・他人の財産を運用する仕事(証券、銀行、ファンド等)

・動産・不動産に関する仕事

・サービス業、税理士、公認会計士、経営コンサルタント等

 

●「司禄星」の人:

「引力、蓄積・準備」が本質で、時間を掛けて準備するので、適職探しにも時間が掛るタイプでしょう。蓄積する、準備をする仕事が向いています。

・情報の収集、コレクション的な仕事

・金融全般(保険業務、銀行等)

・証券業(相場師は除く)

・ヘルパー、ハウスクリーニング、インテリア関係

 

 今日は、ここまで。続きは明日に。。。

 上記の東の星を生かす方法が「南」にある星になります。


| 1/1PAGES |