calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.06.12 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

2013年6月5日 壬寅 今日から6月

 


 

 今日から6月(76日まで)です。

 

 宿命天中殺が「午未天中殺」の方は6月&7月が天中殺月になります。

 

 天中殺といっても、人によって現象の出方は様々。それにそれが天中殺?と思えることもあるでしょう。

 “お知らせ”のような、いつもと何か違うということを感じているのでしたら、天中殺に入る前にその違和感に対応しておく、あるいは天中殺に入ったら気を付けるとよいと思います(気を付けるべきかと)。

 

 私の経験で以前にあるパンプスとパンツの組合せで違和感がありました。何故かそのパンプスとあるパンツの組合せの時に、駅の階段を下りる時にパンプスのかかととパンツの裾が引っ掛かるようなことが続けて2回あり、「この組合せは危ない」と感じました。

 それを“お知らせ”として、その組合せを止めておけば良かったのですが、またある日(天中殺月に入っていました)その組合せのことを忘れて、その組合せで出勤しました。会社の階段を下りている時、あと5段というところでパンプスのかかととパンツの裾が引っ掛かり、階段から落ち、すごく痛い思いをしました。(骨折はしませんでしたが、足の一部の筋肉切断があり、スポーツ選手ならスポーツ生命が断たれたとドクターに言われました。スポーツ選手ではないので人生が変わるようなことではありませんでしたが、本当に痛かったです。今でも足のその部分は少し凹んでいます。)

 

 そういうことを天中殺だから起きたことだと解釈するかどうかはその人の考えだと思います。ただ、何か「変だ、危ないかも」という“お知らせ”を感じたら、そのままにしないことでは?と思います。その時は何事もなくても、天中殺の時に「事になる(場合によっては取り返しのつかないことになる)」ことがあるかもしれません。天中殺の時は「事にならないように」注意して過ごすということなのでは、と思います。

 

 私もそのパンプスとパンツの組合せが危ないと感じた時に、その組合せはしない、または天中殺の時は階段を下りる時は注意していつもよりゆっくり下りていれば、痛い思いをせずに(足の一部が凹まずに)済んだと思います。(その後、すぐにそのパンツは捨てました。)

 

 誰にでも1年の間に2ヵ月は月の天中殺が回って来ます。何か必ず起こるということではないですが、その時は、自分を振り返るタイミング、これからの自分のために準備のタイミングとして、行動するより考えるタイミングとして過ごされてはいかがでしょうか。

 

 今月&来月は「午未天中殺」の方がちょっと自分の人生を振り返って、これからをどうするか?を考えてみては?

今後の人生、何を意識して過ごすか?自分のどのアンテナを磨くか?

 

 自分で自分の人生の限界を決めずに、天中殺の時は人のアドバイスも聞いてみる時かもしれません。

 


2013年6月4日 辛丑 5月は今日まで

 

 

 

 算命学が使うカレンダーでは6月は今日までです。宿命天中殺が「辰巳天中殺」の方は、とりあえず2ヵ月の月の天中殺を抜けてちょっとはホッとしたのではないでしょうか。

 

 「辰巳天中殺」の方から5月の天中殺は、年でも月でも天中殺なのでいろいろ大変なことがありましたというメールを何通かいただきました。

 

 若い頃20代、30代前半まではそれほど、天中殺の影響は感じられないかもしれませんが(若いので多少のことはあったも、乗り越えやすいかと)、30代後半以降の天中殺は、それなりに堪えることがあるかもしれません。試練ではありませんが、そこで何を学ぶか?ではないでしょうか。

 


2013年5月5日 辛未 今日から5月(丁巳)

 

 

 

 算命学では今日から5月に入ります。(64日まで)

今年の5月の干支は「丁巳」です。今年の干支が「癸巳」ですから、年と月が「巳」になります。

 

 人によっては、今月の運気は大きく動きそうですね。自分の運気を知っておくと、運気によってはチャンスとして動けることがあるでしょう。

 

 人生にそうたくさんチャンスはないかもしれません。自分の運気のタイミングを知って、チャンスに備えることも大事なのでは?

 

 今月は年も月も「巳」ということで、日も「巳」の日があります。515日は「辛巳」の日、527日は「癸巳」の日で、「巳」が年・月・日と3つ並ぶ日になります。

 

 ある意味で特別なエネルギーの日です。まさに持っている星によっては、月だけでなく、そういう日に何を始めるか?がポイントになるでしょう。


2013年5月4日 庚午 4月は今日まで

 

 

 

 算命学では干支歴というカレンダーを使っています。そのカレンダーでは、4月は今日までです。

 

宿命天中殺が「辰巳天中殺」の方は、今年の4月&5月の2ヵ月の天中殺は、年でも月でも天中殺です。ちょっとイヤなことがあって、今やっていることを止めて、新しいことをしたい!と思っても、ちょっと待ってください。

 

 ここで新しいことを始めても、厳しいことに…

 

 始めるべきタイミングがありますから、タイミングをみてアクションを起こして下さい!!

2013年4月5日 辛丑 今日から4月(丙辰)




 干支歴では今日から4月です。

 

 宿命天中殺の方は今年は年も天中殺ですので、今月と来月は年の天中殺でさらに月の天中殺に入りますので、ものごとを強引に進めたり、大丈夫かな?と不安があるようでしたら、少し先延ばしにしてみてはいかがでしょうか。

 

 何か「お知らせ」のようなものを感じているようでしたら、より慎重に過ごされるとよいと思います。

「お知らせ」は、例えば、違和感のような、今まで上手くいっていたのが、ここ最近は同じようでも何か引っ掛かるとか、「あれ?何か違う…」「ちょっとおかしい…」と感じることがあったら、それを強引に「そんなことはない」「今まで上手くいっていたのだから」と進めてしまうと、ちょっと違うどころでは済まないことが起こることも。

 

 天中殺の時は、そういう「お知らせ」に敏感になることも身を守ることになると思います。

  

2013年4月4日 庚子 3月は今日まで 




 算命学は干支歴を使用しています。3月(卯月)は今日までです。

宿命天中殺の「寅卯天中殺」の方は今日でこの2ヵ月の月の天中殺が明けますね。

 

徐々に運気の流れが変わってくると思います。

 

「辰巳天中殺」は、4月&5月は今年(癸巳年)は年でも月でも天中殺に入っていきますので、無理せずにお過ごし下さい。


2013年3月5日 庚午 3月は今日から

 




 今日から3月(乙卯)が始まります。

 その月の運気はその月に消化していった方が、流れがよくなりますので、今月の運気に合わせて思い切って動くのか?試練で様子を見ている方がいいのか?悩んでいた人はきちんと整理をするのか?運気を味方にして行動すべきでは?

 

 今月も良い月にして下さい!

 

2013年3月4日 己巳  2月は今日まで

 



 算命学は干支歴を使用しますが、2月(甲寅)は今日までです。今日前後で運気の流れが変わります。3月の運気に合わせて、計画を立てるとよいでしょう。

 

  2月の運気を消化していない人は、今日詰め込みでやってみますか? 

2013年2月4日 辛丑 今日から新年「癸巳」の年が始まります!


 

 
 

 今日から「癸巳」の年が始まります!

 

 この1年、どういう年にしようか?考えてますか?

何事もタイミングを逃さない、またはタイミングでない時にアクションは起こさない方がよいのかも…です。ご自身の生き方を真剣に考えるのでしたら、ちゃんとタイミングは知っておくといいと思います。

 

 新しい年になりましたが、宿命天中殺が「辰巳天中殺」の方はもう1年、天中殺です。くれぐれも注意散漫にならないように、また自分でない自分になっていることもありますから、大きな判断はもう1年待ってみてはいかがでしょうか。

 

 去年も事故を起こされた方やトラブルのある方の生年月日をみてみると、「辰巳天中殺」の方が多く、天中殺の影響で、思わぬことが降りかかって来たのでは?と思われることもしばしば…。

 

 気を付けるに越したことはないと思います。

 

 60ある干支は、十干(甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸)と十二支(子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥)の組合せで、順に組み合わせていきます。

 

 日干支(生まれ日)が、以下の方が「辰巳天中殺」になります。

甲午・乙未・丙申・丁酉・戊戌・己亥・庚子・辛丑・壬寅・癸卯

 

 「辰巳天中殺」の方は生まれた家系から離れていく「はみ出し者」で波乱万丈の人生を歩む、現実に逞しいタイプ。人生の波が激しくなる人でもあります。

 

 算命学では人の運をみるだけでなく、回って来る干支で世の中の動きもみていきます。 

今年の「癸巳」は、「辰巳天中殺」の始まりの「甲午」の1つ前になります。「癸巳」は「甲申」から始まる「午未天中殺」のグループの最後になります。

 

 「午未天中殺」は、「末代運」ともいわれ、続いてきた流れが終わる、流れを止めるという役目があります。

 

 今年はこの10年あまりの安定した?停滞した?時代が終わる最後の年です。今まで続いてきた価値観すら終わる時かもです。

 

 来年は「甲午」の年です。来年から波乱の「辰巳天中殺」が始まります。激しく動く世の中になっていくでしょう。

 

 そういう動く時代(動乱の時代)に活躍するのが、「濁星」を持った方です。「濁星」については、また明日に!

 




2013年2月3日 庚子 節分!豆まき

 
辰年、さようなら


  今日が、2012年(壬辰)の最後の日。明日から2013年(「癸巳」の年)が始まります。新しい年が始まる邪気払いで豆まき(大豆等の豆には邪気を払うパワーがあるとされる、または豆は「魔滅(まめ)」に通じ、無病息災を祈る意味となる)をする習慣が中国から入り、日本でも定着しました。

 

 本来ならその家の主人、または「年男(その年の干支生まれの人)」が豆をまくということでしたが、今では家族全員で豆をまいて、年の数だけ豆を食べて「無病息災」を願うスタイルになっています。

 

豆まきも五行説に基づいているそうです。豆まきに使う豆は生ではなく「炒った」豆を使うことが大事だとか。鬼は五行の「金」に当たり、「炒る」は「火」ということから「火剋金」となり、炒った豆が鬼を滅するとの考え方から来ています。また最後の豆を食べることが「鬼退治」に通じるそうです。

 

すでに食べられる豆まき用の豆ですが、豆まきする前にもう一度火を通す、軽く炒ってからまいてみてはいかがでしょうか。

 

2013年の無病息災をお祈りしています。


| 1/5PAGES | >>