calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.06.12 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

2012年8月12日 乙巳 東の場所にある星を考える「司禄星」

 

 

 「司禄星」は無駄使いをしない堅実で真面目なタイプで、「明るいケチ」という感じでしょうか。貯めた財は、自分の趣味にパッと使ってしまうこともあるでしょう。「何か」に使うためにこつこつと貯めるタイプでしょう。東の「司禄星」の特長は「蓄積」です。

 

また東は未来を作る現実として、暮らし、生活に必要な収入を得るための場所ともいわれ、現実的な仕事は東の星でみます。

 

 東の「司禄星」は「準備」でもあり、稼働するには時間が掛かります。財に関すことや「準備」が必要な仕事も適職になります。

 

 情報の収集、(対象は何でも)コレクションに関する仕事、金融関係、証券関係、家庭に関する(ハウスキーピング、インテリア関係、介護関係等)仕事が向いているでしょう。


2012年7月25日 丁亥 北の場所にある星を考える:「司禄星」

 

 

 

 今日は北の場所にある星の「司禄星」を考えてみます。

北の場所は「精神の過去」であり、この星のエネルギーが充実していると、未来に向かう行動を助けることになります。

 

 堅実、安定、保守的な星の「司禄星」が北にありますと、安全や安定性を強く求めるようになります。

また蓄財としてのお金を生かすセンスの星でもあります「司禄星」が北にありますと、「隠し財」ともいわれますが、しっかりと貯めるタイプでしょう。

 

 冒険をせずに、貯蓄もシッカリして、安定した職業・生活を続けていくことが、未来への力になる人でしょう。

 


2012年4月21日 壬子 自分にない必要なエネルギーは、「借りる」

 

 

 先日、ネットを見ていた時に目についた記事がありました。

ウォールストリートジャーナル日本語版で翻訳記事です。タイトルは「夫婦の出費スタイルが異なるとどうなるか」(2012 4 16日付)です。

http://jp.wsj.com/Life-Style/node_427548?mod=MostPopularBlock

 

 女性記者Demetria Gallegos氏が書いた内容を引用すると…

  『レジに近づいて一抱えの焼きたてのフランスパンの値段が今にも表示されようとしていた時…

夫から頼まれたのは普通の値段の高くない全粒小麦のパンだった。夫の日頃の口癖も私の頭の中で響いた。「買い過ぎないように」

 

…夫と私には17年間の結婚生活で取り入れてきたルールがある。夫婦のうち私が浪費家で、時々財布のひもを緩め楽しんでもいいと考える役回り。夫のほうは専業主夫で予算の監視役、バーゲン買いの達人だ。私が買ってきたブランドが特売じゃなかったからといって卵や牛乳を夫が返品に行くのにも慣れてきた。私の場合は、出かけるたびにある程度の失敗は覚悟している。

 

 もちろん、カップルの多くは倹約家と浪費家の組み合わせだろう。付き合い始めた時から、夫がどちらかは分かっていた。デート中に、ガロン当たり数ペニーを節約するためにガソリンスタンドめぐりをすることもしばしばだった。それでも夫は重要なことにはケチらなかったので私はそれを受け入れた(今でも受け入れている)。

 

…日々の暮らしのなかで、夫婦のこうした役どころは疲れるし、関係が緊張する源ともなりかねない。

 

…自分がそれほど金遣いが荒い方だとは思わない。夫との関係以外では。夫があまりにも倹約家なので、比較すると私はどうしても浪費家に見えてしまう。私の買い物に疑いの目を向けられているような気がするのはイライラする。時には、買い物で得られる楽しみさえ薄れてしまう。

 

…夫は自分がケチだとは思っていない。 …夫のほうも私たちの違いに不満を感じている。時には、彼は自分がケチって貯めれば貯めるほど、私がそれを相殺するかのごとく無駄使いをすると考えている。

 

…夫の忠告し過ぎにも腹が立つが、娘たちが私の買い物に口を出し始めたことにも時々むっとする。特に、私が必需品だと感じたり、懸命に働いて待ちに待って豪華な物を買うときなどは特にそうだ。私の太っ腹な衝動や買い物を楽しむひと時が台無しになるときはがっかりする。

 

 それに、娘たちが父親に言えば買ってもらえないと分かっているものを私にせがまなければと感じるのも気がかりだ。

 

…実際、私は自分一人よりも、夫の声を意識しているほうが賢いお金の使い方ができるし、それほど浪費もしなくて済む。また、私たちの日々の生活で懸念を中心に何かを決定するという夫の考えには反対だが、全般的には彼のやり方は間違っていないと思っている。私たちは世界でも最も費用のかかるニューヨークで1人の収入で暮らしているのだし、だいたいにおいて私たちのやり方は機能している。』

 

 長い引用になりましたが、読んでいて「私たちカップルのことではないか?」と思った方もおられたのではないでしょうか。

 

 実際にこの記事を書いたDemetria Gallegos氏や彼女のご主人の星はわかりませんが、カップルのお金の使い方について、「ケチ・倹約家」と「浪費家」の組合せのことを取り上げています。

 

 お金の使い方とリンクする星は、「禄存星」と「司禄星」が先ず上げられます。

 

この読んだ印象で、ご主人は「司禄星」を持っている傾向が出ていますし、記者であるDemetriaさんは、浪費的な「禄存星」があるというより、もしかしたら「禄存星」も「司禄星」も持っていないのでは?と思われます。

 

「禄存星(投資型・回転財)」も「司禄星(貯蓄型・蓄財)」もお金の使い方は別でも、お金を大きく増やす、お金を生かして使うセンスがあります。

 

 「禄存星・司禄星」がないと、お金のことは度外視して、お金のことを考えずに、意識せずに使う、または必要以上にケチケチしてお金を生かして使えないという傾向があります。

 

 「禄存星」にしても「司禄星」にしても、ちゃんとお金のことを考えて使っているので、それなりにお金のことでは自信があるというか、人に言われなくても大丈夫、という面があります。

 

 現実の生活をしていく上ではお金を生かして使う知恵は大事です。お金の星を持っていない人は、お金の星を持っている人の方法を取り入れるといいですね。

 

 自分にない質(エネルギー)は、持っている人から借りて下さい!!


2011年6月5日 辛卯 星のバイオリズム:司禄星

 
 

月や年で「司禄星」が回って来るバイオリズムは…

 

 堅実な「司禄星」ですが、運気で回って来ると「合理性」になります。合理的に物事を考えるようになるでしょう。

 

 お金の星で、ケチな面もある「司禄星」ですから、出費を抑え、「貯蓄」する気分になるでしょう。お金の星を持っていない方で、「貯蓄しなくては!」と思っていて、なかなか出来ない人は、「司禄星」が回って来るタイミングを逃さずに、その時から貯蓄を始めて下さい!

 

 出費を惜しむ傾向になるので、社交性は乏しくなるでしょう。仕事は堅実にやって伸びていきます。

 


| 1/1PAGES |