calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.06.12 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

2012年8月11日 甲辰 東の場所にある星を考える「禄存星」

 

 

「禄存星」は愛情の星です。人に惚れたり、感心したりして評価が過大になる傾向があります。自己アピールも強く、依怙贔屓なく、誰に対しても同じように接する、差をつけないでしょう。東の「禄存星」の特長は「八方美人」です。

 

また東は未来を作る現実として、暮らし、生活に必要な収入を得るための場所ともいわれ、現実的な仕事は東の星でみます。

 

 東の「禄存星」は、奉仕と財力(回転財)に適職が分かれます。

 

奉仕(人助け)の仕事、医療全般の仕事、他人の財産や不動産等を運用する仕事、サービス業、財務に関する仕事等が合っているでしょう。


2012年7月24日 丙戌 北の場所にある星を考える:「禄存星」

 

 

 今日は北の場所にある星の「禄存星」を考えてみます。

北の場所は「精神の過去」であり、この星のエネルギーが充実していると、未来に向かう行動を助けることになります。

 

 愛情奉仕の星「禄存星」が、北にありますと、自意識が強いタイプです。人にしてあげたいという気持ちが強く、「自己愛」からきています。

 

 自分がしてあげたいからするだけですと単なる「お節介」になることがありますから、相手が求めていることをしてあげられると、「親切で優しい」ということになるでしょう。

 

 相手の求めていることが読めるようになると(あるいは、コミュニケーションをちゃんと取る)、本当に必要とされる人になるでしょう。

 


| 1/1PAGES |