calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.06.12 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

2012年11月4日 己巳 勘の良さの使い方

 

 

 

 最近公開になった映画「黄金を抱いて翔べ」や「アルゴ」は、結果がわかっていてもハラハラドキドキしながら見る見ごたえのある作品だと思います。

 

 「黄金を抱いて翔べ」は、日本推理サスペンス大賞に輝いた高村薫さん原作の映画化で、銀行の地下金庫から240億円の金塊強奪のストーリーを軸に、強奪に関わる6人の男たちの過去や強奪計画に挑む理由が明らかになっていきます。

 

 完全犯罪といえるのか、何とも言えませんが、算命学の星の組合せでも「調舒星」「龍高星」「車騎星」「石門星」「天堂星」の5つの組合せは、悪の道に進めば完全犯罪が出来るセンスともいわれます。それぞれの星の特性を考えるとこの組合せが完全犯罪が出来るというのも納得します。

 

 「黄金を抱いて翔べ」を見ていても、地下金庫の入り口が2つあり、どちらかを選ばなくてはならない場面があります。どちらを選ぶかは「勘」そのものでしょう。

 

 「調舒星」は「勘」の星でもありますから、「勘」による瞬時の判断に強いセンスがあるでしょう。(「調舒星」を持つ人でじゃんけんに強いという人も多いのでは?)

 

 勘の良さを犯罪に使わずに、世の中の役に立つことに使って欲しいです!


2012年8月21日 甲寅 けじめをつけるタイミング

 

 

 

 自分の運気で回って来る星を知ると、その時に何をするタイミングなのか?のヒントになると思います。

 

 運気で「調舒星」が回って来る時は「けじめをつける、けじめをつけられる」タイミングでもあります。自ら積極的に気持ちを変えていくタイミング、あるいは悩んでいることも決着をつけれてしまうこともあるでしょう。

 

 その時を境に気持ちを整理し(整理させれても)、次に進めるといいですね。

 

 年運だけでなく、月運でも、日運でも10周期で「調舒星」が回って来ますので、その時にけじめをつけるタイミングとして、「調舒星」のエネルギーを後押しに使って欲しいと思います。

 


2012年8月10日 癸卯 東の場所にある星を考える「調舒星」

 

 

 「調舒星」は孤独、反発・反抗の星ですので、協調性に欠けたり、自分の言動を批判されると反発が強いでしょう。東の「調舒星」の特長は「個性」です

 

また東は未来を作る現実として、暮らし、生活に必要な収入を得るための場所ともいわれ、現実的な仕事は東の星でみます。

 

 東の「調舒星」は個人を発信(自分の意見・考えを主張)することが、仕事になるでしょう。

 

 芸能・芸術で個性を伝える、作品を通して自己を主張する、自分の考えを伝達・教授するといった仕事が向いているでしょう。または伝達の流れに関する仕事(編集、プロデュース等)、音楽に関する仕事(音響技術等広く音楽に携わる仕事)も適職に入ります。


2012年7月23日 乙酉 北の場所にある星を考える:「調舒星」

 

 

 今日は北の場所にある星の「調舒星」を考えてみます。

北の場所は「精神の過去」であり、この星のエネルギーが充実していると、未来に向かう行動を助けることになります。

 

北の場所に感受性の強い「調舒星」があるとヒラメキの良さがありますが、また「調舒星」の孤独さが「孤立」ということになるでしょう。自分から壁を作ってしまうこともあるでしょうし、感情の激しさから周囲が離れていくこともあるでしょう。

 

「調舒星」は孤独の作業の中から、すばらしい作品を生み出す表現者でもあります。

 

寂しがり屋の星でもある「調舒星」ですが、人に依存しないように、孤独の中から良いものを生み出すために孤独に強くなるように精神的に鍛えておくとよいでしょう。心の拠り所(依存ではなく)になるような存在や哲学、肉体のあり方(身体を鍛えることで精神力が付く)等を考えてみると良いと思われます。


| 1/1PAGES |