calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.06.12 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

2013年6月10日 丁未 アメブロで「算命散歩」を始めました

 

 新しくブログ「算命散歩」をアメブロで始めました。

 

算命散歩:http://ameblo.jp/3meisanpo/
(右の下にlinksがあり、そこの「算命散歩」からジャンプできます。)

 

今後は「算命散歩」でご一緒に散歩できれば、嬉しいです。

 

宜しくお願い致します。


2013年6月8日 乙巳 お金の星があるか、ないか

 



 昨日、宝くじを買う日のことを書きました。

 算命学の星でお金のことを考える、お金を生かすセンスのある星は「禄存星・司禄星」です。

 

 少し前になりますが、現在は「AKB48」のプロデューサーとして知られる秋元康氏がラジオにゲスト出演され、「AKB48」を始めた頃の話をされていました。

 

 お話の中で「自分がワクワクする楽しいことをやりたい。自分は経営者ではなく、プロデューサーなので、(経営チームに)経営のことは自分に話すなと伝えて、経営のことは考えずにやって来た。最初はかなりの赤字だったので経営者チームが頑張ったと思う。」とありました。

 

 お金、経営のことを考えるのは苦手という秋元氏(195852日生)の星をみてみますと。。。

 

195852日の星

北:目上

石門星

初年期(〜25歳)

天印星

西:家庭

車騎星

中心:自分自身

石門星

東:社会

石門星

晩年期(60歳〜)

天胡星

南:目下

玉堂星

中年期(2560歳)

天堂星

 

 人を動かすのが本当に上手な感じの星ですね。お金の星(禄存星・司禄星)がないので、プロデューサーとは言え、お金のことを考えて物事を回す、やろうとするとストレスになるでしょう。秋元氏は「好きなことしかしない」宿命もお持ちなので、自分の好きなことをお金のことも考えないで出来る環境にいると本当に大きな仕事が出来るのだと思います。

 経営の面で支える側は大変だと思いますが。。。 いいチームが出来ているのでしょう。

 

 お金の星(禄存星・司禄星)を持っているからたくさんお金が入って来る、お金の星を持っていないからお金が入って来ないということではなく、お金の星を持っているということは、入って来るお金の量の大小はあっても、「入ってきたお金を生かして使うセンスがある」、使う時だけでなく「何かする時に常にお金の流れを考えている」タイプ、ということになります。

 

 お金の星を持っていないと、そういうセンスに欠けるので、お金のことを頭に入れて物事を考えることがなかなか出来ないということになります。

 

 人は一人で生きていくわけではなく、人と運をシェアして生きていきます。自分にないセンスは、それを持っている人とシェアしてやっていくことが無理なくやっていけることでしょう。

 自分の得手・不得手を知って、自分にないセンスをどう補うかを知っている人は強いと思います。

 

 特にお金(禄存星・司禄星)の星を持っていなくて、お金を使う星(車騎星・牽牛星)を持っていると、お金を稼ぐよりお金を使うことの方を先に考えたりします。

 

 「車騎星」は軍人の星、「牽牛星」は役人の星ともいわれますが、軍人・役人は税金をいかに使うかという立場です。予算が厳しくなったら税金を上げることを考えます。(どうにかしてお金を生み出そう、節約してお金を浮かそうということは考えないでしょう。)

 

そういう役割の星でもありますから、バランスとして、お金の星も使う星も持っている人はきちんとお金を生かして使える人でしょう。お金の星は持っているけれど使う星がないなら、使う先の相談、どこに投資するかは相手の星をみて考えてみてはどうでしょう。

 

 またお金の星はないけれど、使う星はある方はお金の星を持つ人を味方に付けるとよいのでは?自分のアイデアのサポーターをいかに見つけて、増やすか?を考えてみてはどうでしょう。

 

 お金は良い投資先に回せるともっとイキイキして、社会が明るくなるのではないでしょうか。

 

 

 さて、秋元氏のお話しに「自分の商品にワクワクがあるか?を大事にする。自分は買わないけど、これは世の中で受けるのでは?というものは扱わない。」とも。

自分が貫くものを持っている、自分が信じられるセンスがあるなら、そのこだわりで勝負することは、やってみる価値があるかと。自分が信じられて、回りもサポーターとして巻き込めれば、大きく広がっていくのではないでしょうか。


2013年6月7日 甲辰 宝くじを買うのはいつ?

 

 

 

 本当に最近はブログの更新が遅くて申し訳ないです。ご心配のメールをいただくこともあります。鑑定の方はちゃんとやっていますので、遠慮なくメールでお問い合わせください。

 

shigyokunyahoo.co.jp

★を@に変えて下さい。

 

 以前はブログを書けない日でも「OFF」ということで、その日の干支だけはタイトルに出していました。(今日の日干支は「甲辰」です。)

 

 ある方から「干支だけでも出して下さい!」との連絡が。。。

理由は、出先で今日宝くじを買う日かどうかをチェックするためだとか。

 

 その日の日干支によって、自分にどの星が回って来るかが違います。また同じ日干支でも自分の「天性」によって回って来る星が違います。

 

 例えば今日生まれ(天性「甲」)の人にとって、今日回って来る星(主星)は「貫索星」です。何か新しいことをやるにはいい日ですね。

 

 ところで「宝くじを買うのに良い日」なのですが、算命学ではお金に関する財の星は「禄存星・司禄星」ということですが、そういう日が回って来る日に宝くじを買うのが良いのか?というより、財を生み出すのが「鳳閣星・調舒星」ということでもあります。

 

 どちらかというと「鳳閣星」の方が財を生み出す力があるようで… 宝くじを買う時に縁起を担ぎたいとお思いでしたら、ご自身にとって「鳳閣星」の回って来る日に宝くじを買ってみてはいかがでしょうか。

 

 今日、「鳳閣星」が回って来ているのは、天性が「壬」の人です。ドリームジャンボは今日までの売り出しです!


2013年6月6日 癸卯 恋愛相談やっています

 



 

 個人的な対面鑑定(遠方の方はメールによる鑑定)をやっていますので、興味のある方は以下にメールをいただければと思います。鑑定の詳細をお知らせ致します。

 

shigyokunyahoo.co.jp

★を@に変えて下さい。

 

 

 また、「男心をがっちりつかむ50の裏技」の著書があり、10代後半〜30代の女性に男心を指南している「匠」さんのメルマガやブログで恋愛相談を算命学でみています。恋愛相談は「匠」さんのメルマガから受け付けています。

 興味のある方は是非!!

 

・ブログ「男心をがっちりつかむ50の裏技」:http://coolcool.blog6.fc2.com/

 

・メルマガ「こっそり語る男の本音!もてる乙女のお作法講座」登録:

http://coolcool.blog6.fc2.com/blog-entry-743.html


2013年6月5日 壬寅 今日から6月

 


 

 今日から6月(76日まで)です。

 

 宿命天中殺が「午未天中殺」の方は6月&7月が天中殺月になります。

 

 天中殺といっても、人によって現象の出方は様々。それにそれが天中殺?と思えることもあるでしょう。

 “お知らせ”のような、いつもと何か違うということを感じているのでしたら、天中殺に入る前にその違和感に対応しておく、あるいは天中殺に入ったら気を付けるとよいと思います(気を付けるべきかと)。

 

 私の経験で以前にあるパンプスとパンツの組合せで違和感がありました。何故かそのパンプスとあるパンツの組合せの時に、駅の階段を下りる時にパンプスのかかととパンツの裾が引っ掛かるようなことが続けて2回あり、「この組合せは危ない」と感じました。

 それを“お知らせ”として、その組合せを止めておけば良かったのですが、またある日(天中殺月に入っていました)その組合せのことを忘れて、その組合せで出勤しました。会社の階段を下りている時、あと5段というところでパンプスのかかととパンツの裾が引っ掛かり、階段から落ち、すごく痛い思いをしました。(骨折はしませんでしたが、足の一部の筋肉切断があり、スポーツ選手ならスポーツ生命が断たれたとドクターに言われました。スポーツ選手ではないので人生が変わるようなことではありませんでしたが、本当に痛かったです。今でも足のその部分は少し凹んでいます。)

 

 そういうことを天中殺だから起きたことだと解釈するかどうかはその人の考えだと思います。ただ、何か「変だ、危ないかも」という“お知らせ”を感じたら、そのままにしないことでは?と思います。その時は何事もなくても、天中殺の時に「事になる(場合によっては取り返しのつかないことになる)」ことがあるかもしれません。天中殺の時は「事にならないように」注意して過ごすということなのでは、と思います。

 

 私もそのパンプスとパンツの組合せが危ないと感じた時に、その組合せはしない、または天中殺の時は階段を下りる時は注意していつもよりゆっくり下りていれば、痛い思いをせずに(足の一部が凹まずに)済んだと思います。(その後、すぐにそのパンツは捨てました。)

 

 誰にでも1年の間に2ヵ月は月の天中殺が回って来ます。何か必ず起こるということではないですが、その時は、自分を振り返るタイミング、これからの自分のために準備のタイミングとして、行動するより考えるタイミングとして過ごされてはいかがでしょうか。

 

 今月&来月は「午未天中殺」の方がちょっと自分の人生を振り返って、これからをどうするか?を考えてみては?

今後の人生、何を意識して過ごすか?自分のどのアンテナを磨くか?

 

 自分で自分の人生の限界を決めずに、天中殺の時は人のアドバイスも聞いてみる時かもしれません。

 


2013年6月4日 辛丑 5月は今日まで

 

 

 

 算命学が使うカレンダーでは6月は今日までです。宿命天中殺が「辰巳天中殺」の方は、とりあえず2ヵ月の月の天中殺を抜けてちょっとはホッとしたのではないでしょうか。

 

 「辰巳天中殺」の方から5月の天中殺は、年でも月でも天中殺なのでいろいろ大変なことがありましたというメールを何通かいただきました。

 

 若い頃20代、30代前半まではそれほど、天中殺の影響は感じられないかもしれませんが(若いので多少のことはあったも、乗り越えやすいかと)、30代後半以降の天中殺は、それなりに堪えることがあるかもしれません。試練ではありませんが、そこで何を学ぶか?ではないでしょうか。

 


2013年5月22日 戊子 明日が未来につながっていく

 

 

 

 本日、去年日本レコード大賞新人賞を受賞したシンガーソングライターの家入レオさんのニューシングル「Message」が発売になりました。

 

 先日もラジオの番組にゲストで出演し、「Message」についてアピールしていました。

 

Message」の歌い出しが「明日の為に 歩き続けよう」です。家入さんは「明日」が大事だということをラジオでしゃべっていました。

 

 遠い未来のことはわからないけれど、明日のことなら手が届く。明日、さらに明日が遠い未来につながっていく。

 

 明日のことしか見てない、考えてないけれど、毎日、「明日の積み重ね」で明日がいつか将来になっている、ということですが、この考え方が宿命にアンバランスを持っている方に多いタイプですので、家入さん(19941213日生)の星をみてみました。

 

 

19941213日の星

北:目上

調舒星

初年期(〜25歳)

天堂星

西:配偶者

龍高星

中心:自分自身

貫索星

東:友人・恋人

龍高星

晩年期(60歳〜)

天胡星

南:目下

司禄星

中年期(2560歳)

天禄星

 

 シンガーソングライターとして、表現の星「調舒星」、クリエイティブな知性の星「龍高星」、音楽芸術の星「天胡星」の3つが揃っていて、まさに天性のアーティストの才能があります。家入さん本人も「音楽大好きで、音楽しかない。」とも語っています。

 

 また宿命天中殺がはみ出し者運の「戌亥天中殺」の人です。「戌亥天中殺」の人にとって、親元にいつまでもいると、自分らしく生きられないということに。家入さんは「家庭の事情で小さい頃、両親と離れて生活していた時期」があったり、「16歳で親の反対を押し切って上京して一人暮らし」と早い段階から親から離れています。それで「音楽をやる」という自分らしい生き方が出来ているのではないでしょうか。

 

 家入さんの宿命にはアンバランスがあります。このアンバランスが「先のことはわからない、今が全て」という考えになりがちですが、家入さんの場合は、明日を思い、その明日がその先につながっていくと感じているようです。

 

 アンバランスの宿命を持っている人は、「今日が全て」と、先のことを考えない刹那的な生き方なることが多いのですが、5年後、10年後のことではなく、せめて「明日」のことを考えてみるというのは、いいかもしれません。

 

 明日、何をしましょうか?


2013年5月5日 辛未 今日から5月(丁巳)

 

 

 

 算命学では今日から5月に入ります。(64日まで)

今年の5月の干支は「丁巳」です。今年の干支が「癸巳」ですから、年と月が「巳」になります。

 

 人によっては、今月の運気は大きく動きそうですね。自分の運気を知っておくと、運気によってはチャンスとして動けることがあるでしょう。

 

 人生にそうたくさんチャンスはないかもしれません。自分の運気のタイミングを知って、チャンスに備えることも大事なのでは?

 

 今月は年も月も「巳」ということで、日も「巳」の日があります。515日は「辛巳」の日、527日は「癸巳」の日で、「巳」が年・月・日と3つ並ぶ日になります。

 

 ある意味で特別なエネルギーの日です。まさに持っている星によっては、月だけでなく、そういう日に何を始めるか?がポイントになるでしょう。


2013年5月4日 庚午 4月は今日まで

 

 

 

 算命学では干支歴というカレンダーを使っています。そのカレンダーでは、4月は今日までです。

 

宿命天中殺が「辰巳天中殺」の方は、今年の4月&5月の2ヵ月の天中殺は、年でも月でも天中殺です。ちょっとイヤなことがあって、今やっていることを止めて、新しいことをしたい!と思っても、ちょっと待ってください。

 

 ここで新しいことを始めても、厳しいことに…

 

 始めるべきタイミングがありますから、タイミングをみてアクションを起こして下さい!!

2013年4月18日 甲寅 ひとり旅が好き、ひとり旅がおススメ




 今日、某FM放送で、春の季節だからか旅を特集した構成になっていました。

 現在、海外を一人で旅する“旅人・エッセイスト”として活躍しているたかのてるこさんのインタビューがありました。聞いていますと「旅に出るまでは自分が受け入れられなかった。旅が人生の師匠。旅での一人で出来る達成感があり、自分を受け入れられるようになった。ひとり旅をおススメする。」と旅に出ること、特にひとり旅を強く薦めている印象でした。

 

 たかのてるこさん(197128日生)の星をみてみます。

 

197128日生の星

北:目上

牽牛星

初年期(〜25歳)

天貴星

西:配偶者

玉堂星

中心:自分自身

禄存星

東:友人・恋人

貫索星

晩年期(60歳〜)

天恍星

南:目下

車騎星

中年期(2560歳)

天禄星

 

 

 旅が好き、特に海外に憧れるというとエトランゼの星である「天恍星」がリンクしますが、たかのさんも「天恍星」をお持ちの方。生まれ故郷を離れる「離郷運」の星「天恍星」は、田舎に生れれば都会に、都会に生れると海外にと、生まれた場所とは違う場所に行く、移りたくなるエネルギーがあります。特に海外への憧れが強く、時間とお金があると海外に行くことを考えているのではないでしょうか。

 

 海外に行く、といっても、言葉がわからず、習慣や食べ物が違うと一人で行くのが怖いと思う人も多いでしょう。一人で行きたい、というのは「天恍星」にも「孤独」という意味(大人は自分のことをわかってくれない、という思春期独特の孤独感)があったり、またたかのさんの宿命天中殺が「戌亥天中殺」です。

 

 「戌亥天中殺」は一人になって自分と向き合う時間が必要なタイプ。神社仏閣を一人で訪ねる人に「戌亥天中殺」の方が多くいます。

 あまり自分を出さない「戌亥天中殺」の人は一人で出掛けることも多く、ひとり旅も苦にならないでしょう。

 

 一人で旅をしている、一人行動をしている人を見て「孤独でかわいそう」と感じる人もいるのも事実ですが、「一人行動が合っている」という人もいますので、「孤独で寂しそう、友達もいなくてかわいそう」と勝手に思わずに、理解してあげて下さいね。

決して友達を拒否しているとか友達がいないというのではなく、友達はいるけれど、たまには一人になって自分と向き合うことが大事なタイプの人たちなのです。一人になって考えて、そこからいろいろ得ていくタイプなのです。

 

 「龍高星」、「車騎星」や「貫索星」も一人の方がいいタイプでもあります。そういう一人の方がいいという星を複数持つ人は、そういう傾向が強く出ます。そういう方が一人で旅をする場合、“寂しいとかかわいそうではなく”その人の成長のために見守っていてあげて下さいね。

 

 たかのさんですが、「貫索星」や「車騎星」もお持ちなので、心から一人で旅をしたいのだと思います。(たかのさんは宿命にアンバランスをお持ちです。このことはまた後日に。)


| 1/133PAGES | >>